「ストリーミング WALKMAN」に
最適なJust earの販売会がスタート!

    2019年、音楽ファンの間で広く普及したものといえば「定額制(サブスクリプション)音楽ストリーミング配信サービス」(以下、サブスク音楽配信)。自分の好きな音楽を聴くのはもちろん、聴いている音楽の好みに合わせて未知のアーティストを紹介してもらえる便利な機能もあり、今後は音楽ファンのみならず、ますます利用者が広がると見られている。

    こうしたSpotifyやApple Music、Google play musicなどのサブスク音楽配信サービスを、ハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)相当の高音質・高解像度で楽しめるウォークマン®が、この秋に登場した。ソニーのNW-ZX500シリーズNW-A100シリーズは、Wi-Fiに接続でき、Androidを搭載しているので、サブスク音楽配信のアプリが使用可能。CDを超える高音質の「ハイレゾ」音源が聴けるポータブルオーディオプレイヤーが、サブスク音楽配信も楽しめるようになったことは大きな魅力だ。

    さらに、このNW-ZX500シリーズに最適なチューニングが施された、Just ear® ソニーストアオリジナル音質調整モデル (音質更新サービス対応モデル)「XJE-MH/ZX5R」の発売もスタート。12月22日の札幌を皮切りに、全国ソニーストアで販売会が始まっている。既報のとおり、10月に発表された新しいJust earと同じく、このソニーストアモデルも音質更新サービスに対応したタイプとなっている。

Just ear ソニーストア オリジナル音質調整モデル (音質更新サービス対応モデル)「XJE-MH/ZX5R」。4.4ミリ5極のバランス標準プラグ付きケーブルが付属する。しなやかで扱いやすく、ソニーこだわりのケーブルだ。
Just ear ソニーストア オリジナル音質調整モデル (音質更新サービス対応モデル)「XJE-MH/ZX5R」。4.4ミリ5極のバランス標準プラグ付きケーブルが付属する。しなやかで扱いやすく、ソニーこだわりのケーブルだ。

NW-ZX500シリーズ(写真左)とNW-A100(写真右)。どちらもAndroid OSバージョン9.0で、Google Playストアに対応しており、サブスク音楽配信で使うアプリの追加が自在に行える。アルミ製削り出しキャビネットの上質な質感で、本体の右サイドに音量だけでなく、曲の頭出しボタンや一時停止ボタンがあり、スマートフォンよりも操作性は格段に高い。
NW-ZX500シリーズ(写真左)とNW-A100(写真右)。どちらもAndroid OSバージョン9.0で、Google Playストアに対応しており、サブスク音楽配信で使うアプリの追加が自在に行える。アルミ製削り出しキャビネットの上質な質感で、本体の右サイドに音量だけでなく、曲の頭出しボタンや一時停止ボタンがあり、スマートフォンよりも操作性は格段に高い。

圧縮音源やサブスク音楽をハイレゾ相当な音質にする

    NW-ZX500シリーズとNW-A100シリーズには、ウォークマンの開発でソニーが長年培ってきた技術を結集したフルデジタルアンプの「S-Master HX™」を搭載し、高音域におけるノイズ除去性能が高められている。また、自分好みの音質に近づける機能が複数用意されている。CDやストリーミングなどの圧縮音源で、データ容量を軽くするために削ってしまった高域の音や微細な音を、残された音声情報から予測して復元。ハイレゾ相当にアップスケーリングする技術「DSEE HX™」は、従来からウォークマンにも搭載されていた機能だが、2018年よりAI(人工知能)技術が組み込まれて、さらに進化している。他にも、デジタル音源に対して、レコードを再生したときの、アナログならではの音響を再現する、「バイナルプロセッサー」もある。

ハイレゾ相当に音源をアップスケーリングする「DSEE HX」などの、音質を好みで変更できる機能が複数用意されている。実際に使ってみると、音の解像度や広がりが向上するのがよくわかった。ワンタッチで元の音質に戻るのは便利。
ハイレゾ相当に音源をアップスケーリングする「DSEE HX」などの、音質を好みで変更できる機能が複数用意されている。実際に使ってみると、音の解像度や広がりが向上するのがよくわかった。ワンタッチで元の音質に戻るのは便利。

   

製品について知りたい方はこちら 製品について知りたい方はこちら