2019年 8月 26日 (月)

最初は大嫌いな男だったのに(上)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

心を動かした「海外からの手紙」

   しかし、転機が訪れる。健一さんがヨーロッパに3か月間の長期出張に出かけることになり、会社で壮行会が開かれた。絵美さんは上司から5000円を渡され、「餞別を買ってあげて」と指示される。彼女がプレゼントとして選んだのは、歯ブラシだった。

「形に残るものはイヤだったので、消耗品にしようと思ったんですよ(笑)。トラベルグッズを売っている店に行って、歯ブラシとかの生活必需品ばかり選んで渡しました。渡すときには、上司からお金をもらって買ったこともハッキリ伝えました」

   だが、健一さんは絵美さんが選んだ歯ブラシをいたく気に入った。「ヘンなセンスが面白かったみたい」。しばらくして、海外からお礼の手紙が届いた。その字を見て、絵美さんはびっくりした。

「初めて手書きの字を見たんですが、その字がすごくきれいだったんですよ!」

   意外な字の美しさにちょっと感心した。へえ、こんなきれいな字を書ける人なんだ。文章がしっかりしているのも好印象だった。

   帰国したときにはお土産をもらった。当たり前といえば当たり前のことだが、着実に健一さんのポイントはアップした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中