自分勝手な甘えん坊「シュガー社員」が増えている!

印刷

    こんにちは、社会保険労務士の田北百樹子(たきたゆきこ)です。最近の会社では、過保護に育てられて自立心に乏しいくせに、なぜか自信過剰な若手社員が増えています。私は、そんな社員を砂糖の甘さに例えた「シュガー社員」と名付けました。この連載コラムでは、「シュガー社員」のタイプ別の特徴と対処法を、実際にあった事例を交えて解説します。

砂糖のように甘くて、会社を溶かしてしまう「シュガー社員」

   私は札幌市で社会保険労務士事務所を開き、企業の人事労務のサポートなどをしています。ある日、顧問先の社長から、こんな相談を受けました。

「最近の若いもんには参りますよ。見習いのうちから生意気に“労働条件に納得がいかない”って。しかも、親まで顔を突っ込んでくるんですよ」

   どんなクレームですかと聞くと

「母親がね、“うちの子に車で営業させているらしいけど、事故を起こすからやめて欲しい”って」

   わが耳を疑いましたが、これは実話です。こんな過保護な甘ちゃん社員から受ける印象を、砂糖の甘さになぞらえたのが“シュガー社員”という造語です。

田北百樹子(たきた・ゆきこ)
札幌市出身。田北社会保険労務士事務所所長。保険関係の手続や就業規則作成にとどまらず、人事考課制度導入や社員教育など、企業の人事労務を幅広くサポートしている。「シュガー社員」の名付け親で、09年3月にはシリーズ第3弾となる『ブラック企業とシュガー社員』(ブックマン社)を刊行。
シュガー社員が会社を溶かすシュガー社員が会社を溶かす
田北百樹子

ブックマン社 2007-10-24
売り上げランキング : 13896

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中