2019年 2月 20日 (水)

「元気な野菜で人を元気に!」 農業支援ベンチャーが船出した

印刷

    私、大倉野あやかが社長秘書をつとめることになった農業支援会社「株式会社セレン」が2008年10月1日に船出した。4日後には、本社所在地である宮崎県都農(つの)町で設立発起会。これで今年3回目の宮崎訪問だ。

真っ黒な顔のニコニコおじさん

宮崎県都農町で開かれた「セレン」の設立発起会。右手前で笑っているのが社長の三輪晋だ。左端は河野正和・都農町長。
宮崎で開かれた「セレン」の設立発起会。右手前で笑っているのが社長の三輪晋だ。左端は河野正和・都農町長。

   もともと農業とはまったく無縁の私が、「食を通じて人を元気に」を掲げる農業支援ベンチャーの設立に携わり、さらに社長秘書になるなんて、半年前にはまったく想像さえしていないことだった。

   社長の三輪晋(みわ・すすむ)と出逢ったのは、まだ私が酒造会社でマーケティング担当をしていたとき。たまたま出張もアポイントも入ってない平穏な午後、グループ会社の部長から「今から1時間くらい空いてない?」と会議室に連れて行かれた。

   そこでは、日焼けした真っ黒な顔にニコニコと満面の笑みをたたえた三輪と、私と同じように暇だと決め付けられて会議室に突然引っ張りこまれた同僚10名ほどが、狭い会議室に肩を並べていた。

   まったく事前情報もなく、このおじさん(三輪社長ゴメンナサイ!)がいったい誰なのかも知らされないまま話が始まった。

   おじさんの声はよく通り、大きくて、とても元気と情熱に満ちあふれていた。話を聴いているだけで元気が伝染してくるみたいに何かパワーをもらえた気がした。

   1時間後、私はこのおじさんの元気なパワーと情熱と不思議な魅力に完全にやられてしまった。何がすごかったの? 自分でもよくわからない。でも直感ですっごい人と出逢えた気がした。

「食を通じて人を元気に。」を合言葉に、2008年10月1日設立。再現性のあるサスティナブルで「儲かる(=夢のもてる)農業」の実現を目指し、農業技術支援だけにとどまらず、人財教育、地域コミュニティの再構築など農業を通じて、日本各地の地方復興、就農者の増加のために現代農業の活性化に邁進している。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中