外資系はやっぱり「英語」できないとダメですか?

印刷

   大手外資系金融機関に勤める人の英語力の平均は英検の1級から準1級程度です。英検準1級程度のチカラがあれば何とか外人と仕事上のコミュニケーションが取れる、と言えます。ただ、バックオフィスと言われる事務処理部門などでは「今日入金されるはずのカネがまだ送られていないようだがどうなっているのか」みたいな英語のやりとりをすれば良いので、英検2級くらいでも経験を積めば何とかなるかもしれません。

>>外資系で働くということ・記事一覧

「日本人の金融マンの英語はまるでダメ」というのが定説

   しかし、国境を超えるM&A案件をまとめるバンカーとか、大きな投資案件のリスクを審査するマネージャー、といった場合には相当高度な英語力が必要とされます。特に、色んな国にまたがる大きな取引を成就させようとするときは、ニューヨーク、ロンドン、シンガポール・・・にいる同僚や専門家達とメールでのやりとり、または電話会議でのやりとりが不可欠です。これらをいかに上手にリーダーシップをもってすすめていけるかが、国際的バンカーとしての試金石となる、といっても過言ではありません。

   ところが、実を言うと、日本人のバンカーの英語力はまるでダメ、というのが世界中の金融マンの間で定説となっています。海外でMBAを取得した人、あるいは日本の会社で海外勤務を経験した人であってもそうです。帰国子女は別にして、英検1級にぎりぎり合格した、といった程度の英語力では、国際電話での電話会議で外人が話していることがちゃんとは聴き取れないと考えた方が良いでしょう。それに、仮に80%が聴き取れたとしても、残りの20%で決定的に重要なことを言っている可能性があるわけで、重要なビジネスの会話で80%の理解度では足りないのです。

   なのに全てがわかったようなふりをして、適当に「イエス」とか「ノー」とか生返事をするのが一番危険です。わからなかったら恥ずかしがらずに聞き返す、というのが基本です。「こっちは英語が下手なんだからもっとゆっくりわかりやすく話してくれ」くらいが言える余裕が持てれば合格です。

「英語は流暢だけど仕事ができない人」では本末転倒

   その点、メールの場合は時間的余裕があることもあり、人の文章を読んで理解するまでは何とか行き着くでしょう。しかし、その後の発信力を磨くにはかなりの熟練が必要です。英語はYESとNOをはっきりすれば良いのでラクだ、などと言われたりしますが、とんでもない。言葉のニュアンスを把握し、硬軟取り混ぜて交渉をすすめていくチカラがないと、他の人々の信頼を勝ち得ることは出来ません。

   ・・・とかなりレベルの高いことを言ってきたと思われるかもしれません。でもビジネスで肝要なのは儲けることなのですから、その点からすると英語力など二の次だとも言えます。

   実はトップクラスの外資系金融機関でも英語がほとんどできない、或いは非常に苦手とする人が意外にいるのです。典型的なのが、日本株のセールスマン。日本の投資家相手に日本株を売っている限り、英語力は問題になりません。外資系では社内の連絡は原則的に英語ですが、そういう人は、例えばPCの調子が悪くなると英語が得意な秘書に頼んでインド人のITの専門家に電話してもらうわけです。それでも大きな儲けを上げたら誰も文句を言えませんし、ボーナスもたっぷりもらえる、というわけです。

   英語力は外資系サラリーマンにとっての武器、それも相当重要な武器です。磨けば磨くほど切れ味が良くなって活躍の場が広がります。でも、あまり磨くことばかりに熱中して実戦を軽視したら本末転倒です。英語は流暢だけど仕事ができない人のことを外資系では「英語屋」などと呼んで馬鹿にします。錆びた刀でも人を倒すことは出来る。実戦で経験を積んで英語力に磨きをかけていく、というのが外資金融マンの進むべき道だと思います。

益村誠一郎

>>外資系で働くということ・記事一覧

益村誠一郎
大学卒業後、大手都市銀行に勤務した後、外資系金融機関に転職。数社で勤務をしたあと、現在はある投資ファンドに所属。外資系企業での豊富な経験と幅広い人脈に裏打ちされた「外資系の実態分析」には説得力がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中