2018年 10月 23日 (火)

「働かない中高年は解雇せよ」に賛否両論

印刷

   急激な景気後退を背景に「派遣切り」が社会問題化しているが、J-CASTニュースで「働かない中高年リッチ解雇せよ 『正社員』保護しすぎ論が台頭」という記事を掲載したところ、大きな反響があった。同記事のコメント欄には賛否両論100件近いカキコミがあり、この問題への高い関心をうかがわせた。そのいくつかを紹介する。

「働かない中高年は『社内ニート』と呼ぶべき」

記事には多数のコメントが寄せられた
記事には多数のコメントが寄せられた

   まず、中高年のノンワーキング・リッチを解雇もしくは減給すべきだという主張に肯定的な意見として、次のようなコメントが寄せられた。

「自己責任論と能力主義を会社に採用するなら、まっさきにワープロソフトも使えない、高年齢正社員や能無しバブル入社組をクビにして、派遣労働者の中から、特に優秀な少数派を優遇したほうがいいい」(コメントNo.2)
「職務内容に差がないのなら、待遇の差もなくすのが、労働の生産性という点からみたときには、正統な処遇でしょう。同じ内容の仕事をしていて保障や収入に差が発生するとすれば、それは身分制でしかないでしょう」(コメントNo.10)
「働かない中高年は『社内ニート』と呼ぶべき」(コメントNo.13)

   また、自分の会社にいる「ノンワーキング・リッチ」への不満を吐露するコメントもあった。

「ウチの会社も馬鹿な新事業で赤字だしまくりの役員は平気で居座って現場で振り回された一般社員に責任押し付けて希望退職という名目で肩たたきしてるしな。生産性上げたいなら馬鹿役員減らすべきだよなあ」(コメントNo.18)
「使えない50歳代のオヤジ、大すぎ。・・・仕事ができない上に、ヘンにプライドだけが高くて、下の人間に質問すらしてこない無能オヤジ。パソコンができないことを開き直ってしまい、まったく憶えようともしない向上心ゼロの無能オヤジ。あなたの周りにも、きっと、いるはずです」(コメントNo.20)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中