2021年 6月 24日 (木)

言ってはいけない「そんなに嫌なら辞めてくれ!」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   幼稚で攻撃的なシュガー社員に対し、ついカッとして口にしてしまいがちな言葉が「そんなに嫌なら辞めてくれ!」です。相手の挑発に乗って、うかつなことを言ってはいけません。この言葉は、あらかじめ「言ってはいけない」NGワードと意識しておきましょう。

>>シュガー社員がやってきた!・記事一覧

シュガー社員の挑発に乗ってはいけない

   シュガー社員は、自分の権利意識ばかりが高く、依存心が強いのが特徴です。経営者や上司、先輩社員に対して、唐突に、

「ウチの会社って、なんでこうなんですか!」
「どうしてこういう風にできないんですか!」

と、一方的な要求を突きつけてくることがあります。こういうクレームに対し、これまでそんな社員がいなかったからといって、

「おいおい、そう簡単にはいかんだろう」
「そんなにこの会社が嫌なら、辞めてくれたっていいんだよ」

と売り言葉に買い言葉を発しては、相手の思うツボです。言ってしまったが最後、

「あー、それって不当解雇ですよねー」
「じゃ退職しますので、解雇予告手当払ってください」

という回答が返ってきます。

   会社側が「自分が嫌だから辞めたんだろう? 自己都合じゃないのか」と言っても、シュガー社員からは「辞めろといわれたので辞めました。言われなければ辞めませんでした」と言われてしまうのです。

   さらにやっかいなのは、その場では「退職します」とは言わずに、翌日から会社に来なくなり、内容証明郵便で解雇予告手当を請求するシュガー社員がいることです。言い争いの末に喧嘩別れで話を終え、曖昧にしておくことは危険です。

田北百樹子(たきた・ゆきこ)
札幌市出身。田北社会保険労務士事務所所長。保険関係の手続や就業規則作成にとどまらず、人事考課制度導入や社員教育など、企業の人事労務を幅広くサポートしている。「シュガー社員」の名付け親で、09年3月にはシリーズ第3弾となる『ブラック企業とシュガー社員』(ブックマン社)を刊行。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
「シュガー社員」から会社を守れ! (PHPビジネス新書 74)
「シュガー社員」から会社を守れ! (PHPビジネス新書 74)田北 百樹子

おすすめ平均
stars読めばシュガー社員から会社を守れる!
stars飽きずに読める。
stars単なる「いまどきの若いモンは・・・」に留まらない内容
stars採用担当者は必読かも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中