「仕事に役立つ映画」ブロガーに聞いてみた

印刷

   「仕事に役立つ映画」といえば何が浮かびますか?――そんな質問をlivedoor Blogのブロガーに向けて投げかけてみた。返ってきた投稿は100件以上。「仕事に役立つ映画なんて思い浮かばない」という答えもあったけれど、なるほどと思う映画も多い。J-CAST会社ウォッチのコラムニストが選んだ映画に続き、ブロガーたちがオススメする「仕事に役立つ映画」を紹介したい。

寅さんのセールストークは営業で使える

B000BN9ADO
仕事の理不尽さと醍醐味を教えてくれる「ラヂオの時間」

   2008年夏に監督4作目「ザ・マジックアワー」を公開しヒットさせた三谷幸喜。彼が初めて監督した映画が「ラヂオの時間」である。ラジオドラマの生放送を舞台に二転三転のドタバタコメディが展開する。この作品こそ「仕事に役立つ映画の代表」という人がいる。

   「どうにも取り返しのつかない状況 → その中で最善の策を考え、無事にその場を乗り切る → でも、その後にまた問題発生 → 無事に乗り切る → …の繰り返し」という展開はビジネスの世界でもよくあり、学ぶべき点が多いというのだ。

「ビジネスでは、様々な状況をシュミレーションして、実行に移します。でも、その通りにならないのが現実。予想外の…本当に予想外のトラブルが発生するものです。それをいかに打破していくか。その柔軟性が仕事に役立つと思うんです」(華麗なるてんちょー日記
「男はつらいよ」シリーズ
営業マン必見の「男はつらいよ」シリーズ

   一方、フーテンの寅さんでおなじみの国民的映画「男はつらいよ」シリーズを推す声もあった。寅さんの話術が、営業スタイルの勉強になるという。

「町ゆく人々をつかまえる、セールストーク。人々の心をつかまえてやまない人情味あふれるトーク術はさすがです。最近の営業は、クールな感じがもてはやされている気がしますが、営業の本質は、お客さんに気に入られることから始まります。お客さんに気に入られるには、人情味あふれる会話ができないと、すかれません。機械的な営業マンにモノをすすめられても欲しくないでしょ」(ojizounewsのブログ
釣りバカ日誌
癒し系サラリーマン映画「釣りバカ日誌」

   寅さんと似たような雰囲気をもった人情映画といえば、西田敏行演じるハマちゃんが主人公の「釣りバカ日誌」。社内の人間関係に悩んでいる人は、気分転換もかねて見てみるとよいかもしれない。

「浜ちゃんは一見グータラ社員に見えますが、社内の人間関係を円滑にしています。いわば歯車に対する潤滑油のような存在です。彼が居なかったらあのような良好な職場環境は築けなかったのではないでしょうか? 仕事に役立つ映画というわけではありませんが、そのような部分は学べたのではないかと思います」(目も当てられない程ひどい俺のブログ(仮題)

落ち込んでいるときの良薬「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

バック・トゥ・ザ・フューチャー
今も人気が衰えない「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

   「仕事に役立つ映画は?」と聞かれて、仕事へのモチベーションをアップさせてくれる映画を思い浮かべる人も多いようだ。たとえば、イケてない両親の高校時代にタイムスリップした主人公が大活躍する「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を見れば、上司に怒られてヘコんだ気分も回復しそうだ。

「僕にとって、仕事に役立つ映画と言えば…絶対的にバックトゥーザフューチャーです。直接的に、役に立ってる訳ではないんですけど、精神的に、ポジティヴになります!ネガティヴになりだすと、いつもこいつに手を出します。like a 薬物に手を出す、大学生!!」(人生で3度来るモテ期の限界に挑むブ男の『やりすぎ』体験記!!
B000ZFTNGM
1988年度アカデミー主題歌賞を受賞した音楽も楽しい「ワーキングガール」

   また、ニューヨークでバリバリ働く女性たちを描いた「ワーキングガール」を元気が出る映画として推薦する声もあった。

「主人公が頑張ってる様子を見て、自分も仕事を頑張らなくちゃと思える・・・そんな映画が、仕事に役立つ映画なのではないでしょうか? というわけで、単純だけど、がんばる等身大の主人公と、エリートで性格の悪い上司プラス王子様、そして、カーリー・サイモンの、元気が出るテーマソングつきの、『ワーキングガール』をおすすめします」 (開運日記
B000EPFQ5A
疾走感あふれる音楽も印象的な「トップガン」

   それから、若きパイロットの栄光と挫折を描いて大ヒットした「トップガン」。トム・クルーズがスターになるきっかけを作ったこの映画も、モチベーションアップにはもってこいかもしれない。

「運動してたころ試合の前にはトップガンの映画を何度もみてテンションあげてったの思い出すなぁ。内容はそんなすごくないけど音楽と映像にはまった。カワサキ900Rが懐かしい。ほしかったけど中免しかないんで400Rを買ったの思い出す。トムクルーズがすごくかっこよくて滑走路をバイクで走るシーン最高でした」 (ワイズファクトリーグループ代表櫻井の日々

仕事よりも大切なものを失わないために……

B000MTOPWI
第52回アカデミー賞作品賞を受賞した「クレイマー、クレイマー」

   これまでは「仕事に役立つ映画」を紹介してきたが、仕事にばかり時間やエネルギーを取られてしまって、大切なものを失ってしまっては本末転倒だ。そんな視点からオススメなのが、ダスティン・ホフマン主演の感動作「クレイマー、クレイマー」だ。

.
「多分、10年ぶりくらいにみたと思いますが、その年代によって映画の捉え方って随分と変わるんだなーとしみじみ思いました。仕事ばかりしていて家庭を顧みない危険さと、子供の存在の大切さをあらためて感じました。とてもいい作品です」(さがしもの (LOOKING FOR SOMETHING)

   映画の見方は人それぞれ。あなたにとっての「仕事に役立つ映画」はなんだろうか?

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中