2022年 9月 26日 (月)

「二度と経験したくない」つぶれる会社の空気

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

できる人間ほど先に辞めていく

   それが引き金になって、どんどん人が辞めていった。いい立場にいる人間や仕事ができる人間ほど先に辞めていく。ほどなくして企画部門のトップがいなくなり、戦意を喪失した営業部の者たちも社を離れていった。

   一人で辞めるのではなく、部下を何人か連れて別の会社に移っていく"集団脱走組"もいた。かつていた会社に出戻ったF部長は、子飼いの部下を数人引き連れて行った。それはまるで、沈みゆくタイタニック号から救命ボートで逃げ出す人たちのようだった。

   当時20代半ばだったTさんは「この裏切り者め!」と憤慨していたが、いま振り返れば、彼らにも守るべき生活があったから仕方なかったのだろうと思う。

   人が次々と去っていくから、送別会が毎日のように開かれた。そのうち開くのが面倒くさくなってしまうほどに。印象的だったのは「寄せ書き」の変化だ。

「人がやめるたびに送別会を開いて寄せ書きを贈っていたんですが、だんだん寄せ書きに書く人の数が減っていくんですよね。スカスカになっちゃうので、『一人何行以上書くようにしよう』と言い出すヤツもいたりしましたよ」
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中