2022年 9月 30日 (金)

「二度と経験したくない」つぶれる会社の空気

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

会社の中の空気が「灰色」に見えた

   上がそんな調子だから下も荒れる。「こんなことをやっていても、どうせつぶれるんでしょ」と職場でウイスキーの瓶をあけている者もいれば、「あのとき、こうしておけばよかったんだ」と無意味な役員批判を繰り返す者もいた。どう見ても、まともに仕事をする気にはなれない環境だった。

   社内の設備も劣悪になる一方だ。ファクスは50台リースしていたのが5台に減り、行列待ちが発生。待っているうちにイライラが頂点に達して切れ出す者もいる。人が消えて歯抜けのようになった机の上には、グチャグチャの書類が散乱していた。

「会社の中の空気が『灰色』になっているように見えました」

と、Tさんは振り返る。

   そんな環境にいると、社員の体や心も壊れていく。ある役員は内臓をやられたのか、顔がどんどん黒くなっていった。また、それまでパリっとしたスーツできめていた人が、髪ぼさぼさのジャージ姿で出社するようになってビックリしたこともあった。10円ハゲになったり、髪全体が薄くなったりする者もいた。なかには、ノイローゼになって家から出てこられなくなった同僚も……。

   こんな地獄絵図がいつまで続くのか。そう思っていた。ところがある日、別の会社に買収されることが決まった。倒産寸前で命拾いしたのだ。だが、Tさんはきっぱりと言う。

「あんな思いは、二度と経験したくありません。たとえ、疑似体験できるアトラクションがあっても、絶対にイヤですね」
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中