しょこたんだけじゃない「携帯データ消失」の悲劇

印刷

   「しょこたん」こと中川翔子さんが、ケータイのデータを消失してしまった、とブログに書いて話題を集めました。

   電話帳、画像やメールのデータ、スケジュールと、ケータイはもはや単なる通話ツールにあらず、デジタル化されたシステム手帳のような存在になっています。自分や他人の個人情報がつまった「秘密の塊」でもあり、データ消失はもちろん、紛失や水没等による故障はシャレになりません。

>>ITとほほ観察記・記事一覧

うっかりトイレに落としてデータが飛んだ

「3、4年前、うっかりトイレに落とした時は、本当に大変だった」

というのは、アラサーの女性Aさん。

「洋式トイレだったので、まず直に手で拾うかどうかで3秒ぐらい迷った。結局、拾ったんだけど、まさか水洗いとか除菌クリーナーで拭くとかもできない。パンツも上げなきゃならないし、外には他の人が並んでる雰囲気だったし、そんなこんなでモタモタしてるうちに、データが丸ごとダメになってました(笑)」

   しかたなく新しい端末を買ったのですが、その後も面倒が続きました。

「ケー番やメアド、誕生日なんかを教えてもらおうにも、連絡先は水没させたケータイに登録して以降、暗記なんかしてないから連絡のしようがない(笑)。もちろん、バックアップなんて取ってませんでした」

   パソコンのメーラーに登録していた人はパソコンのメールで、それ以外の人は共通の友人を介したり、名刺を引っ張り出したり、会うごとに事情を話したりして、あらためて情報を教えてもらったそうです。

子供にケータイを踏みつぶされた

   40代男性会社員のBさんは、定期的に必ずバックアップを取っています。

「だいぶ前に子供にケータイを壊されたことがあって。折りたたみ式が出てきた頃、開いたままで遊んじゃって、とうとう踏んづけちゃったんです(笑)。友人、知人以外に取引先の情報や仕事のスケジュールも入れていたので、ずいぶん難儀しました」

   画像データなどはmicroSDなど外付けの記憶媒体に、電話帳はパソコンにも保存しています。

「昔と違って今のmicroSDは容量が大きくて安いですから、保険代としての負担が少なくてありがたい」

   データの消失ではないですが、いたずらされて困ったことがある、というのは20代の男性会社員Cさん。

「友達が、僕が席を外している時などに電話帳を開いて、番号やメールアドレスを一文字ずつとか、勝手に変えちゃったんですよ。しばらく気づかず、彼女からメールが来たのにサブウィンドウに名前が表示されなかったことで、やっといたずらされたとわかりました」

   キーロックをいちいちかけるのも面倒だし、指紋や虹彩による認証機能を標準装備してほしい、とCさん。

「てゆーか、ケータイがもはや自分と一心同体、自分の補完装置になっちゃってることが、なんか怖いですね(笑)。どこまでケータイ頼みなんだ、と」

井上トシユキ

>>ITとほほ観察記・記事一覧

携帯電話のデータのバックアップを取っていますか?
定期的にバックアップしている
随分前にバックアップしたことあり
一度もバックアップしたことなし
バックアップってなに?
井上トシユキ
1964年、京都市出身。同志社大学文学部卒業(1989)。会社員を経て、1998年よりジャーナリスト、ライター。TBSラジオ「アクセス」 毎週木曜担当。著書は「カネと野望のインターネット10年史 IT革命の裏を紐解く」(扶桑社刊)「2ちゃんねる宣言 挑発するメディア」(文芸春秋社 刊)など。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中