2019年 3月 21日 (木)

知人から「怪しい儲け話」メールが送られてきた!

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ある朝、マスコミ関係で働くAさんは、職場に着くとメールチェックを始めました。

   毎日、大量の業務メールを受け取るAさんは、メールのタイトルではなく、まず差出人を確認して優先順位をつけて読んでいきます。

「タイトルだと、どうしても似たようなものが多く、どれが急ぎかわかりにくい。いま抱えている仕事の場合、差出人によって『急ぎのあの仕事』とか『昨日打ち合わせしたあの仕事』とかだいたいわかりますし、純粋に仕事か私信に近いものかもおおよそ見当がつきます」

>>ITとほほ観察記・記事一覧

スパム業者に個人情報を悪用されたのか?

   そのなかに、古くからの知人からのメールがありました。ところが、タイトルからしてかなり怪しい。

「お支払いいただく金額は、たった3000円のみ!」
「必ず儲かる副業! 確実に稼ぐ自動集金システム!」
「こんなに簡単に、何もしなくて儲かって、ホントにいいの!?」

Aさんは、すぐによくあるスパムだと気づきました。が、その知人が自分にスパムを送ってくるとは、どうしても腑に落ちません。

   しばらく考えて、差出人を偽装するタイプのスパム業者に悪用されているに違いないと思い当たりました。

「そこで、知人に『どうやら悪い業者に利用されているようだけど』と教えてあげたんです。『えっ…』と絶句する知人とよくよく話してみたら、驚いたことに知人自身が本当に副業としてバラまいていたメールだったんですよ」
井上トシユキ
1964年、京都市出身。同志社大学文学部卒業(1989)。会社員を経て、1998年よりジャーナリスト、ライター。TBSラジオ「アクセス」 毎週木曜担当。著書は「カネと野望のインターネット10年史 IT革命の裏を紐解く」(扶桑社刊)「2ちゃんねる宣言 挑発するメディア」(文芸春秋社 刊)など。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中