なぜ!? 「迷惑メール業者」に知られてしまったケータイアドレス

印刷

   ある地方都市の会社でパートとして働く40代の女性が、こんな悩みを友達に相談していました。

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

ネットで買い物したら不審なメールが届くように・・・

   この女性がケータイを持ったのは、そもそも、小学校に通う子どもと連絡を取るためでしたが、別に家庭のパソコンでネット通販も利用していました。

   細々とした消耗品や日用品、たとえば、夫や子どもの靴下やTシャツなどを安く、まとめて買うのに便利だからです。

   ある日、職場がとても忙しく、いつもならパソコンのメールでやり取りするネット通販の買い物を、ケータイメールで行いました。すると、翌日から、迷惑メールがケータイ宛に送られてくるようになったのです。

   数はそれほどではありませんでしたが、仕事中にいつもより頻繁にメール着信音がなるので、最後には気が気ではないどころか、怖くなってしまったそうです。

   なぜ、パソコンメールの時にはほとんどなかった迷惑メールが、ケータイメールのアドレスでやり取りしたとたんに増えたのか。心配になって、オフィスオートメーション時代からワープロやコンピュータを使っていて、ネット事情にも詳しい友達に相談した、というわけです。

   友達は、パソコンメールのプロバイダも携帯電話会社も、ユーザー保護の観点から迷惑メールをかなりちゃんとブロックしてくれているが、それでも通り抜けてしまうものがある、と教えてくれました。

通販業者の「規約」の中に怪しい文言があった!

   それにしても、なぜ自分のケータイメールのアドレスを迷惑メールを送る相手が知ったのか、女性はわかりません。

「ネット通販を申し込む時の規約を見てごらんなさいよ。調査や情報を知らせるために、当社が認めた第三者に連絡先を開示する場合がある、申し込み者はそれを認めたものとする、とかって書いてあるわよ、きっと」

   女性は家に帰ってからパソコンを立ち上げ、ネット通販業者の画面へアクセスし、申し込み画面を表示して規約の部分をよく読んでみました。

「ああ、確かに彼女が言ってたようなことが書いてあるわ……」

   美しいものにトゲがあるように、便利なものにもウラがあるのね。

   そうは思ってみたものの、何か得心がいきません。安く売ってくれるかわりに、こうした手で利益を補填しているのかとも考えてみましたが、それでも、だからといって一方的にこちらの個人情報を、こちらが知らない相手に開示してしまうというのが、何か変に思えるのです。

   とりあえずは、友達に教えてもらったとおり、ケータイメールのブラックリストに迷惑メールのアドレスを登録しました。そのせいか、最近では迷惑メールはかなり減っていますが、それでも時々、来てしまいます。

   自分のケータイアドレスが、世界中の迷惑メール業者の間をグルグル回っている。そんな想像をすると、怖くもなるが、同時に滑稽な気にもなる。

   女性は、友達への御礼のメールに、そんな感想を書いたのだそうです。

井上トシユキ


>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中