2019年 9月 22日 (日)

孫社長のトップ営業効果アリ? 東国原知事がツイッター開始

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   宮崎県知事の東国原知事は、自ら宣伝マンとして県を売り込む「トップセールス」の活動で知られる。その知事が先日ツイッターを開始したが、ウラにはソフトバンクの孫社長による「トップセールス」があったようだ。

社長の手紙とアイフォーンを社員が持参

開始3日目にアイフォーンを一時紛失。その後発見された
開始3日目にアイフォーンを一時紛失。その後発見された

   元お笑いタレントの知名度を生かし、テレビ番組で地元名産品などのPRをする東国原知事。組織のトップ自ら売り込みに走るトップセールスを実践する一人だ。一時は9割に迫るといわれた高い支持率も、そんな働きぶりが評価されたのだろう。

   知事は2010年2月15日、ツイッターで「初つぶやき!」と書き込んだ。フォロワーは、あっという間に3万を超えたが、中には「ホンモノ?」と疑う声もあった。これに対し、

「ソフトバンクの孫社長から提案があって、iPhoneの提供を受けた。感謝申し上げたい。併せて、ついったーを薦められ、始めた。まだ、慣れないので、文字を打つのに時間が掛かる」

と、たどたどしく書き込んで、始めたきっかけを披露している。知事のブログ「そのまんま日記」によると、ソフトバンクの社員が孫社長の手紙とアイフォーンを県庁に持参したという。社内会議で社長から直々に提案があったようだ。

   孫社長自身も16日、ツイッター上で知事に向けて、

「東国原知事、ホークスの宮崎キャンプお世話になっています」
「東国原知事、twitterは心のつぶやきを繋げるコミュニケーション革命です」
「東国原知事、この感動は、体感した人々のみが理解出来るものです。気楽に参加してみられる事をお勧めします」

と矢継ぎ早に呼びかけた。この書き込みは、13万人以上の孫氏のフォロワーにも公開されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中