2019年 11月 16日 (土)

民主党ほど「弱者に優しい政党」はない

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   最近、政治を見ていて強く感じることがあります。共産党とか公明党とか、同じようなこと言っている政党は他にもありますが、民主党ほど弱者に優しい政党はないということです。なんといっても、彼ら民主党には輝かしい実績がありますから。

>>29歳の働く君へ・記事一覧

日本の格差拡大は「世界の格差是正」

   現在、円高のせいで、人件費の安いアジアへ拠点を移す企業が増えています。そして民主党の派遣規制や最低賃金引き上げといった雇用政策が、この動きを加速させています。需要が回復したにもかかわらず、大卒新人を製造ラインの応援に回したトヨタや、グループ内で正社員応援という形のワークシェアを実施した日産を見ても明らかなように、彼らは日本国内で新たに雇用を増やすことを恐れているのです。

   マニフェストで「非正規雇用自体を規制」なんて掲げる社民党の存在も、この動きに拍車をかけているはず。たぶん、みずほちゃんが仕事でハッスルするたびに、失業率が0.1%くらいは上がるでしょう。

   空気の読めなさでは国民新党もひけをとりません。世界中で法人減税やインフラ整備といった誘致合戦を繰り広げている中、「家族内殺人は大企業のせいだ!」と面と向かって言ってしまう金融大臣はあまりにも痛すぎます。

   とどめは鳩山さんの「内部留保に課税もアリ」発言でしょう。もうさんざん言ってきたことなので、いちいち説明しませんが、ジンバブエの大統領並みのトンパチ発言だと言っておきます。

   さて、こうして書き連ねてみると「ぜんぜん弱者に優しくないじゃないか」と思われるかもしれません。でも、ちょっと発想を転換してください。国際優良企業がどんどん拠点を移してくれることで、アジアの民衆は大きな恩恵を受けているじゃないですか。

   要するに現政権は、年収300万前後の層を削ることで、グローバルで見れば格差を是正しているわけですね。さすが鳩山さん、器が違います。あくまで日本国内での格差是正を論じていた僕なんて、おのれの島国根性を恥じ入るばかりです。

   たまに相対的貧困率を引き合いに格差拡大を叫ぶ活動屋もいますが、あれは伝統芸能みたいなものなので無視してかまいません。(グローバルな)絶対的貧困率でみれば、日本の貧困層は全然お金持ちなんですね。

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
7割は課長にさえなれません (PHP新書)
7割は課長にさえなれません (PHP新書)
おすすめ平均
stars現状の日本型雇用システムの疲弊を抉る慧眼の書
stars「正社員」への幻想によって引き起こされる矛盾
stars日本における雇用の現実
stars雇用問題の実情を分かりやすく広める読み物
stars正社員にこそ読んでほしい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中