2019年 3月 21日 (木)

就活に「コミュニケーション力」は本当に必要なのか

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   就職活動で会社から求められるのは「コミュニケーション力」(通称「コミュ力」)だと言われる。しかし、それがどんな能力を指すのか、何のために必要なのか、あいまいなところも多い。新卒者も混乱しているのではないか。企業の採用担当者に話を聞いてみた。

「求める人材イメージが明確でない会社の言い訳」

意味の分からないスキルが最重要とされているのは不可思議だ
意味の分からないスキルが最重要とされているのは不可思議だ

   産経新聞が主要企業125社を対象に行った調査によると、新卒者採用をする際に「求められる人物像」(複数回答)は、「コミュニケーション力」(の高い人)と答えた会社が90%でトップとなった。

   この結果に対し、ネット上には「コミュ力って何?」と、意味のあいまいなスキルを求めることへの疑問が挙がった。また、「媚びを売ったり、周りの顔色うかがう能力ってこと」「仕事のスキルと関係ないじゃん」などの否定的なコメントも並んでいる。

   業績好調なネットサービス開発会社の採用担当Aさんも、「そんなスキルを堂々と掲げる採用担当者の感覚がまったく理解できない」と苦言を呈する。

「大手を含め、求める人材像を明らかにしている会社は多くない。要するにコミュ力は、そんな準備不足の面接官の目を引きつけて、何かあると思わせる勢いのことじゃないですか。ムラ社会の仲間入りには有効だけど、会社の競争力を高める人材に必須のスキルではないですよ」

   Aさんの会社では「コミュ力」ではなく、新卒者にもある程度の「専門的な適性」を求めるという。見極める方法は、職種ごとに必須スキルと推奨スキルを洗い出し、それを具体的に確認する質問を出すこと。お題は面接日程とともに、前もって知らせるという。

「たとえばマーケティング部門の人材を採用するとき、単に『なぜ当社を選んだか』ではなく、『好きなITサービスは』『こんな新サービスがあったら、あなたならどうPRするか』などと具体的に尋ねます」

   もちろんビジネス経験のない学生のことなので、正解を望むべくもない。しかし、答えに至るまでの論理性や、最低限のビジネス知識、会社や業界に対する研究熱心さを確認できるという。

   大げさなプレゼンテーションでなく、淡々と説明する内容に鋭い指摘が含まれている場合もあるだろう。「日本のコミュ力など、しょせんは声のデカさ」というコメントもあるが、具体的な質問に的確に答えるためには、上っ面の元気ではごまかせない。

「コミュニケーション力」とは何か理解していますか?
よく理解している
なんとなく理解している
正直よく分からない
最初から意味ないのでは
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中