2018年 9月 23日 (日)

「了解しました☆」 ケータイ世代のビジネスメール

印刷

   都内に勤務する30代女性のMさん。最近、職場に飛び交うメールで気になることがある。

   ここ数年で入社してきた若手女性社員たちのビジネスメールが、いかにも「ケータイ世代」の使い方だというのだ。

大した用件もないが並ぶと壮観

こんなところに「職場の花」を感じているのか
こんなところに「職場の花」を感じているのか

   彼女たちは、とにかくメールを送る数が多い。ちょっとした連絡でも、短い文面で遠慮なく送ってくる。

   写し(CC)の数も多く、一気に十数人に送られることも。あまり関係ない人にも、とりあえず送っているらしい。返信は瞬時に返ってくる。

「文体も軽い。他部署の先輩に『ありがとうございます♪』とか『了解しました☆』とか、ハラハラする。自分の入社当時を考えると、とても信じられない。でもおじさんたちはニヤニヤして、別にいいじゃないかなんて言っている」

   メールの件名にも、彼女たちの「工夫」が凝らされている。

   件名の冒頭に、わざわざ【重要】や【至急】【要確認】と書いてあるので、急いで開けて読んでみると、実は大した内容でもなかったということもしばしば。

   そのうち、【重要】の上に星(☆)やひし形(◆)、二重丸(◎)などが競って付いてくるようになった。

「いまは記号の上に、さらに空白をひとつ入れたり、ふたつ入れたりして目立とうとするんですよ。そんなメールがズラーッと並ぶと、確かに壮観。ホント、よく考えるよなと感心します」

   飾りは派手だが、肝心の件名は『○○の件』と抽象的で分かりにくいまま。メールボックスは、そんな用もないメールで毎日賑わっているという。

「ケータイの流儀を持ち込んでいるのか、なんかおかしな本の影響を受けているのか。こういうコミュニケーションが、これから仕事の場でも当たり前になっていくんでしょうかね。私は確実にストレス感じますけど」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中