結婚式で知り合った女性たちと勝手に合コン開いちゃダメか

印刷

   Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が掲載されていました。質問者のmiktamaさんは既婚の男性。昨年、同じ職場の先輩の結婚式(二次会?)の幹事を務めたのがきっかけで、先輩の奥さんの友人である3人の女性と知り合いました。

   女性たちがキレイなのに全員独身だったので、先輩に「せっかくだから、うちの会社の男性を紹介しましょうよ」と出会いの企画を持ちかけたのですが、「女房が乗り気じゃないから」と断られてしまいました。

理由は分からないけど「新婦がダメならダメ」

本人たちがよければいい、というワケにはいかない
本人たちがよければいい、というワケにはいかない

   それなら先輩夫婦を介さなければ問題ない、と考えた質問者さんは、先輩に黙って合コンを開いたところ、なんと3人中2人が交際に発展することに。すごい確率、質問者さんグッジョブ!と思いきや、先輩の奥さんから電話が・・・。

「ダンナの会社の人と私の友だち関係は、別にしておきたかった。私には私の交友関係があるんだから、勝手なことはやめて欲しい!」

と怒られてしまったのだそうです。

   質問者さんとしては、すでに奥さんの友人と「個人的な友だち」になったつもりだったので、「友だちに友だちを紹介して何がいけないのか」と言い返したかったのですが、先輩の手前、謝るしかなかったといいます。

   しかし、やはり何か納得できないところも残ります。「やはり、私がおせっかいだったのでしょうか」

   これには、別に悪いことではないのでは、と擁護する意見がありました。

「なぜ自立した大人である友人たちが、自分で決めてうまくいった合コンを不快に思うのか、先輩の嫁の気持ちがもう一つ理解できません」(ele_sheepさん)

   確かに、出会いの場が幸せな交際につながったのですから、本人たちは感謝しこそすれ、怒るような気持ちは起こらないでしょう。

   一方で、先輩から「女房が乗り気じゃない」と聞かされたら、それ以上のことをすべきじゃないと諌める人もいました。回答者のcrazy-dogさんは、奥さんが人間関係を別にしたいと思う理由は「わからない」としながらも、

「本人が嫌だと公言しているのに、それを知らなければよいだろうと考えるということは、相手を軽く見ていると思われても仕方ないでしょうね」

と批判します。ただ、理由が納得できなければ、奥さんの怒りが理不尽に思えたとしても仕方のないことです。

合コン交際の泥沼が夫婦関係にも影響を及ぼす?

   回答者のdebumoriさんは奥さんの怒りの理由を、こう推測します。

「これは目先の話でしょ。そりゃ今後カップルが結婚し、幸せになって、2人仲良く同じ墓に入ってくれればいいですよ。でも男と女は何があるかわからない」

   カップルが泥沼の問題に発展したとき、奥さんと友人との関係にもヒビが入る可能性がある。それが影響して夫婦関係にも・・・。そんな事態は困るので、自分と夫の会社の人間関係を区別しておきたかったのでは、という説です。

   とはいえ、確かな人間関係など存在しないもの。ちょっと神経質すぎるのでは、とも思いますが、実際に同じような経験をした人からの告白もありました。

   回答者のmarumaru65さん(新婦)の結婚式に出席した女友だちが、夫の男友だちに見初められて交際に発展したものの、間もなく彼は別の女性にあっさり乗り換えてしまったのだそうです。

   真剣なつきあいと思っていた女友だちは大ショック。あろうことか彼は、新しい彼女を連れて新婚夫婦の家に遊びに来た。新婦はその無神経さに腹が立ち、夫に「もう彼とはつきあわないで」と頼んだそうです。

   新婦は大切な友人を傷つけられた上に、友人との関係が疎遠になり、夫も友人とのつき合いがなくなってしまった・・・。確かに「こんなことなら、引き合わせなければよかった」ということになりますね。

結婚式で知り合った女性たちと、勝手に合コン開いちゃダメですか?
問題ない。自由
新郎新婦が嫌がればやめる
関係者がいるので避ける
合コン自体イヤ
メイド喫茶元オーナーが書いた 女の子の取扱い説明書
メイド喫茶元オーナーが書いた 女の子の取扱い説明書
  • 発売元: 無双舎
  • 価格: ¥ 1,050
  • 発売日: 2010/03/31
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中