2018年 6月 22日 (金)

33歳フリーター「18歳の新人に敬語じゃないとダメすか?」

印刷

   Q&AサイトのOKWaveに、こんな質問が掲載されていました。質問者のmokkoruさんは、33歳のフリーター。いまの職場で6年間アルバイトを続けています。

   そこにこの春、高校を卒業したばかりの新入社員が3人入ってきました。これまでも年下の正社員はいましたが、自分よりも社歴が長い先輩なので「敬語」で接してきました。まったくの未経験者の正社員を迎えるのは、初めてのことです。

「向こうはタメ口」にも納得できない

   そんなある日、アルバイトのリーダーが「新しく入ってきた社員さんに敬語で話すように」と声を掛けてきました。それを聞いた周りのバイトたちは、新入社員に対し何の抵抗もなくペコペコ頭を下げて、敬語を始めたそうです。

   一方、社員はといえば、バイト相手に敬語を使わずタメ口(友だち口調)で話しかけてきます。少し前まで高校生だった10代の子どもが、人生経験も社会人経験も多い大人に対する態度としてどうなのか。質問者さんは、違和感を抱きました。

「バイトは新入社員に敬語で話さなきゃダメすか? 自分よりも後に入ってきた後輩なのに、向こうがタメ口で俺らは敬語って、おかしくないですか?」

   バイトと正社員。雇用形態は違いますが、仕事に対する知識も経験もバイトの方がずっと上。年齢だって親子といってはおおげさですが、18歳と33歳では大きな年の差があります。質問者さんの憤りも理解できます。

   しかし回答者からは、厳しい意見が寄せられています。

「理不尽でしょうが、あなたは所詮バイトです。相手は正社員ですからね…」(gunooさん)
「その程度で人生経験だとか社会人経験だとか言われても、所詮バイトなんだし、『ダメすか』と書いている時点で、所詮バイトだなぁと思いますよ。自分の地位を上げてから言いな」(yahoooooo1123さん)

   匿名とはいえ、「所詮バイト」などと言う人に、敬語の使い方をアドバイスする資格などない気がします。敬語とは、相手に対する心からの敬意からではなく、年齢や社会的地位に対して使うものなのでしょうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中