2019年 12月 13日 (金)

「会社の悪口」ネットに書き込み 自分から白状すべき?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   Q&AサイトのOKWaveに、こんな質問が載っていました。papakyokonさんは、従業員30人ほどの会社に勤めています。不満の溜まりやすい職場なのでしょうか、インターネットの匿名掲示板には、この会社の悪評が多く書き込まれています。

   それを見つけた会社の担当者は、ついに犯人探しを始め、質問者さんに対しても「警察に捜査を依頼する一歩手前だ」と自白を強いているのだとか。

「お前がやったことは分かってるんだぞ!さっさと白状しろ!」

とでも詰め寄っているのでしょうか。

自分も書いたが「大部分は他の人がやった」

   書き込みの一部は、確かに質問者さんがやったもの。つい会社のパソコンから書き込んでしまったものもあるようです。ただしその内容は、

「この会社は◯◯と言っているが、本当は××だ」
「この会社は、本当は××だから辞めたい」

といったものに限られます。大多数は自分が書いたものではないし、もっとひどい内容もある。取引先の顧客が書いたと思われる内容も見られます。

   もしここで書き込みを認めたら、何から何まで自分のせいにされそうで不安です。かといって、会社が書き込みの犯人をすべて特定し、そのほとんどが質問者さんによるものでないと明らかにするとも思えません。「私は、解雇されるのでしょうか? どうしたら良いのでしょうか?」

   これには、わざわざ自分から白状する必要はないという助言がありました。

「インターネットで悪評を書くことが、どの刑法に違反するのでしょうか?警察でもなんでも好きに調べたらいいと堂々と構えましょう」(ryota_since1977さん)
「犯罪でない限り警察は動きません。単にカマをかけているだけです。自白せず、堂々としていれば良いと思います」(gn_driveさん)

   しかし、ネット上の書き込みとはいえ、刑法上の名誉毀損罪や侮辱罪、信用毀損罪や業務妨害罪などに該当する行為であれば、逮捕されることもあるようです。この点は、あまり油断しない方がよいでしょう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中