社員30人が仕事を奪われた! 給与は出るがやることがない

印刷

   Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が載っていました。質問者のVitoriaさんの友人の会社で、大きな騒動が起こっています。これまで社員が担ってきた仕事の一部が、いきなり外部業者への発注に移されてしまったのです。

   仕事を取り上げられたのは、20人から30人ほど。会社のコアビジネスに携わってきた人たちなので、ショックを隠せません。給与は変わらないものの仕事がないので、「毎日会社に行くのがつらく、うつ病になりそうだ」ということです。

会社都合の「解雇」にして欲しいのに

   外注先は、最近就任した経営陣が以前在籍していた、大企業の系列会社。コストダウンが名目のようですが、「古巣との癒着」も疑ってしまいます。

   質問者さんは、このような会社のやり方を「資金のムダ」といい、「会社は(社員に)潔く何か月分かの給料を払い、解雇にするべきだ」と憤っています。また「これは社員を精神的に追い詰めていくハラスメントだ」とも指摘しています。

   まるで自分のことのような熱い訴えですが、回答者からは「単に仕事がないだけではハラスメントにはならない」という指摘がありました。

「仕事を与えずに、一方で本人に無能さを非難したり、退職を強要するような言動があれば、そのやりかたによってはパワーハラスメントの可能性は出てきます。今の状況は(略)逆に温情的な扱いのように思います」

   仕事をしなくても給料がもらえるのですから、考えようによってはお得です。しかし、厚生労働省のワーキンググループが2012年1月30日に発表した「パワーハラスメントの6つの類型」を見ると、精神的、身体的攻撃などに加え、「過小な要求」という項目が入っています。

   業務の合理性なく、能力や経験とかけ離れた「程度の低い仕事を命じること」や「仕事を与えないこと」も、パワハラとなりうるということ。今回のケースも、給料が支払われているから何の問題もない、とはならないかもしれません。

「仕事は自分で作るもの」なのか

しかし回答者のeirnewbさんは、受身でいる社員側にも問題があると言います。
「仕事とは与えられるものではなく、作るものです。その会社にとってなにか有益になるものを考えるのも仕事。せっかく時間ができたなら、そういうことも考えたらどうでしょうか?」

   仕事は自分で作るもの、とはQ&Aサイトでよく見られるアドバイスです。「自分の給料の3倍稼いで当たり前」という意見もあります。

   確かに計算上はそうなりますが、すべての職種で求められることでしょうか。そのまま部下に言い渡したら、もしかすると「パワハラ6類型」の「過大な要求」に当たると抗議されてしまうかもしれません。

   とはいえ、腹を立てて自己都合で辞めてしまっては、会社の思う壺です。余った時間を「自己研鑽」に使えばいいという意見もありました。

「他社でも通用するような必要とされる人材に、積極的になろうとした方がよいかもしれません」(14289972さん)

   この助言に、質問者さんは「ありがとうございました。割り切って、国家資格試験の勉強をします」とうっかり答えてしまいました。どうやら友人の悩みではなく、自分のことだったようですね。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中