2020年 10月 29日 (木)

「今の日本はものすごく贅沢な国」 橋下市長が現状肯定するワケ

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

「東アジアの若者」との競争なくして現状維持ムリ

   また橋下氏は、「明治以来続いてきた社会システムや統治機構」を変えなければ政策が実現できないとし、古い「体制」を強く批判する一方で、日本の若者に対する叱咤激励と受け取れる言葉も飛ばしている。

「東アジア、東南アジアの若者は日本の若者と同じような教育レベル、労働力になってきました。(…)競争で勝たないと無理です」

   「やっぱり、今の日本の若者は恵まれている」のコラムには、いまの社会に不満を漏らし、悪いのは上の世代だからどうしようもない、といったコメントも多く見られる。また、若者の中には「生活水準を下げてでも、無理に頑張らない生活の方が個人は幸せになる」という考えも根強い。

   橋下氏が大ナタを振るうことで、解消される社会的な悪癖もあるだろう。しかし、彼が考える「この国のかたち」は、若者たちが期待する「ゆるい」ものではなさそうだ。

   いまの「豊かさ」を維持するには、相当の汗を流さねばならない――橋下改革が目指す先には、より厳しい「選択」と「競争」があり、社会の中で個人のさらなる「努力」が求められる世の中があるということは、いまから踏まえておいたほうがよいかもしれない。

これからの日本、選ぶべきは成長?維持?
高成長
低成長
横ばい維持
衰退やむなし
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中