2020年 10月 26日 (月)

夫のスケジュールが筒抜け 「グループウェア」で社内妻が疑心暗鬼に

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

夫の最大のストレスは「部下との関係を疑う妻」

   2012年1月29日付け読売新聞の「人生案内」で、作家の久田恵さんがこれと少し似ている相談に答えていました。40代の夫が20代の部下の女性に「癒されている」などと書いたメールを送っていることが分かった、という女性からの相談です。

   夫を問い詰めたところ、

「彼女への感情なんて何もない。俺を信じろ」

と言うばかり。でも、出張の際に現地のデートスポットを調べるなど、怪しい行動は続いています。

   久田さんは「仕事を生き甲斐とする男性」の一番の恐怖は「妻の不機嫌」だといい、相談者の夫の最大のストレスは「部下との関係を疑って、攻め立てる妻」だと指摘します。

   そして、結婚の持続を願うなら「夫を信じるにはどうすればいいか」ではなく、「私は私で自前の人生を生きるわ」という覚悟とともに、

「やっぱり、妻の私じゃなきゃだめ、と思わせてみる」

との前向きな方向で結婚生活をやっていくしかない、とアドバイスしています。

   これから男性と同じように働く女性が、さらに増えていくことでしょう。男女が同じ職場で仕事をする限り、こんな不安に駆られていてはキリがありません。久田さんのアドバイスは参考に覚悟を決めつつ、夫の予定監視はもうやめた方がいいのでしょうね。

池田園子

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中