2019年 11月 18日 (月)

「セルフ式うどん店が絶好調」の報道に、本場・四国から批判の声

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ランチ1食あたりの平均予算が500円を切るといわれるサラリーマンにとって、立ち食いそばやうどんの店は大きな味方だ。安いうえに腹持ちがよく、待たされる時間が短くてサッと食べられるところもよい。

   そんな「そば・うどん店」の売り上げは、外食市場全体が微減する中で、堅調さを確保している。ウェブマガジン「MONEYzine」によると、中でも「セルフ式うどん店」が店舗数を急速に増やしており、競争は激化の一途であるという。

「自分で茹でて出汁を入れなきゃセルフじゃない」

香川銀行には「セルフうどん支店」がある
香川銀行には「セルフうどん支店」がある

   記事では、吉野家HD傘下の「はなまるうどん」や、神戸に本社を置くうどん店「丸亀製麺」に加え、店内製麺のそば店「ゆで太郎」を好調の「セルフ式」として取り上げている。

   しかし、本場・四国にゆかりがあると思われるネットユーザーからは、この表現に批判の声があがっている。

「ゆで太郎はセルフじゃねえし。はなまるも丸亀もセルフかっていうと微妙だが」
「セルフは自分で茹でて、蛇口ひねって出汁入れなきゃね」

   紹介された店は、社員食堂やファストフードと同じように、カウンターで食べ物を受け取り、食後は返却口に食器を返しにいく一般的なセルフサービスを採用している。

   しかし、本場の「セルフ式」は単なる「立ち食い」ではなく、調理の工程まで自分で行うものを指すようだ。香川県が運営するウェブサイト「麺の博物館」によると、

「カウンターでうどん玉の数を告げ、食器に入ったうどんを受けとって自分でお湯で温め、出し汁をかけ、オプションの天ぷら・おでん・すしなどを取って、代金を支払い、食べ終えたら食器を返しにいくというパターン」

こそが、セルフと呼ぶに値する店のようだ。「はなまる」や「丸亀」は、トッピングの天ぷらなどを自分で取るところまではいいが、すでに汁に入った麺が出てくるところが不徹底ということになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中