2022年 6月 29日 (水)

閉店・新宿ジュンク堂で「本当にしたかった仕事」について考えた

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「しなければならない仕事」を回しながら

   ふと、店員さんに「これまでは何を売っていたんですか?」と聞いてみようかという生意気な思いもよぎったが、口にすることはできなかった。

   閉店セールでこのような企画を開くくらいだから、「本当にしたい仕事をしたい」という思いを抱えながら、日々の仕事をしていたに違いない。もちろん普段からこだわりの品揃えはあったようで、ミシマ社という自由が丘の小さな出版社のブログには、

「ジュンク堂新宿店さんは、ミシマ社の書籍を それはそれはべらぼうに売り伸ばしてくださいました」

という感謝の言葉が書かれていた。

   本屋さんも商売なので、売り上げを伸ばすには有名著者や有名出版社のベストセラーなど「売れ筋」を前に出したほうが効率的、というのが一般的な常識なのだろう。それでどこの店に行っても、似たような品揃えになってしまう。

   でも、読者にとっては、本は商品を超えた存在だ。実際にこういうフェアに接すると、本屋さんには「いつもこういう場であって欲しい」という気持ちがわいた。売れ筋ばかりなら、ネット通販の方が断然便利だからだ。「アマゾンのベストセラーよりも、実はこっちの方がずっと面白い本フェア」とか、もっとどんどんやってもいいのではないか。

   一方で、売りたい本を売るためには、それだけの余裕が必要で、そのために売れ筋で数字を確保することもあるだろう。どんな仕事であっても「しなければならない仕事」を回しながら、「本当にしたい仕事」の割合を増やしていけるのが理想なんだなと思った。(池田園子

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ダニエル・カーネマン心理と経済を語る
ダニエル・カーネマン心理と経済を語る
  • 発売元: 楽工社
  • 価格: ¥ 1,995
  • 発売日: 2011/03
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中