2018年 9月 19日 (水)

「LINE」の新作スタンプで、遅刻をかわいらしく謝罪してみた

印刷

   若者のスマートフォンユーザーに「LINE」が流行している。NHN Japanが提供するアプリで、登録ユーザー数は3000万人を突破、世界16カ国のApp Storeで無料1位を獲得した。電話番号を知らなくても、相手のIDさえ分かればスマートフォンで無料通話ができるほか、無料でメッセージを送ることもできる。海外通話も無料だ。

   スマートフォンのアドレス帳に登録されている人を検索して、IDを表示してくれる。同じような機能はスカイプやカカオトークといった他のサービスにもあるが、「スタンプ機能」はLINEにしかない。これがいま若いスマホユーザーに大人気なのだ。

相手も「了解」のスタンプで返してくれた

細かいニュアンスが伝えやすいLINEの「スタンプ」
細かいニュアンスが伝えやすいLINEの「スタンプ」

   スタンプとは、従来の絵文字や顔文字とも異なる大きめな画像で、LINEのメッセージとして送信できる。文字に添付してもいいし、スタンプ単体で送ることもできる。

   LINEに登録すると、無料で約200個の絵文字やスタンプが使える。スタンプだけで意思疎通をしている人もいるらしい。スーツを着たクマが走る絵は「行ってきます」、ビールジョッキとクエスチョンマークで「きょう飲みに行かない?」といった具合だ。

   無料スタンプだけでもかなり遊べるが、最近になって売り出された有料のスタンプが人気だという。ガチャピン、ムックやスヌーピー、天才バカボンといったキャラクターでも、1セット85円から170円とお手軽価格だ。

   仕事にも使えるスタンプはないか、とチェックしてみたところ、人気漫画家による「地獄のミサワ(謝罪編)」を発見した。胸の前に手を合わせて謝るポーズ、腰を45度・90度に折って謝るポーズ、土下座して謝るポーズなど、約40個の「謝罪向けスタンプ」が用意されている。

   ちょうど友人との待ち合わせに遅れそうになったので、試しにこのスタンプを使ってみた。

「大変申し訳ありません!池田です。10分遅刻します…」

   メッセージとともに、2つのスタンプを投入。相手から「はいー」と寛容な返事が来た。単純なメールより和んでもらえたのでは・・・と思っていると、相手からも「地獄のミサワ」で返事が。右手を上げている。こ、これは「了解」という意味ではないか! すぐに最敬礼したミサワを返した。

許されるかどうかは、普段からの関係性で決まる

スタンプなら何でも許されるわけではない
スタンプなら何でも許されるわけではない

   少し間をあけて、再度「すみません、5分遅刻します!!」とメッセージを送ってみた。今度は陽気なスタンプを使ってみた。すると、いきなりクマがウサギの顔を膝蹴りするスタンプが。これは怒っている! すかさず「うお、すみません!!!」と返事を送る。

   LINEには個別メッセージだけではなく、グループメッセージ機能もある。まとめ役の誰かが「○○チームグループ」といったグループを作ると、すべてのメンバーに自動的にメッセージが配信される。

   もしLINEのグループの同僚から、スタンプで遅刻の連絡がきたらどう思うだろうか。男性会社員に聞いたところ、

「一緒に合コンに行くような、かなり仲のいい部下なら怒らない」(37歳)
「かわいい女子なら許そうと思う」(28歳)

と意外に寛容な返事が。要するに、どんな形の遅刻連絡であっても、遅刻の度合いだけでなく普段からの関係性によって、許されるかどうかが決まるようだ。(池田園子

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中