債権回収のコールセンターには、母娘2代で働く人たちもいる

印刷
「N本さん、このお客さまのクレームの件なんだけど、A田さんっていうオペレーターさんにちょっと確認してきてくれない?」
「わかりました、A田さんですね」
「あ、A田さんの『お母さん』の方だからね」

   (えっ、お母さん!?) コールセンターに入社して間もないころ、私は先輩からちょっとした案件を預かり、こんな言付けをされました。ウチの職場にはA田さんが2人いるけど、そういえば顔が似てるかも。

子どもを学校に通わせるシングルマザーも

「お母さん」たちは「元気だしてね~」と山もりのお菓子をくれた(イラスト:N本)
「お母さん」たちは「元気だしてね~」と山もりのお菓子をくれた(イラスト:N本)
「A田さんて、もしかして親子で働いているんですか!?」
「そうだよ。娘さんも、もう2年位になるかな~。他にもS木さんや、U野さんも親子で働いてくれてるよ」

   なんと、私の働くコールセンターには親子2代で働くオペレーターさんが珍しくないとのことでした。親子でこんなキツイ仕事を選ぶなんて、世の中にはスゴイ人もいるんだなぁと、私はびっくりしてしまいました。

   コールセンターでオペレーターとして働いているのは、ほとんどが女性です。彼女たちは朝8時から夜の9時までの間にシフトに入り、長い人では1日8時間、督促の電話をかけ続けています。

   パートやアルバイトの契約で働いていますが、長い人では7~8年のベテランもいます。特に優秀な人の中には契約社員を経て、正社員になる人もいます。

   コールセンターのお仕事は、肉体的にも精神的にも大変な仕事です。中でも督促はストレスも多く、業界でも離職率の高い仕事とされています。そんな中で長年続けてくれているだけでも、同じ職場で働くものとして本当にありがたいのに、母娘で働いてくれるなんて本当に頭が下がります。

   同じ職場の女性には、シングルマザーの方もいます。一般の事務や飲食店のパートよりも時給が高く、長年働くと昇給もするので、女手ひとつでお子さんを学校に通わせている人もいました。

   シフトを比較的自由に調節できるので、朝8時から正午まで働き、いったん家に戻って家事をして、夕方6時から夜9時までふたたび電話をする、といった働き方もできます。

山もりのお菓子をくれた母のような人たち

   それでもコールセンターで働きつつ主婦業を行うのは、並大抵の苦労ではないはずです。そんなお母さんの背中を見て育つから、娘さんも進んでお母さんと一緒に働こうと思うのかもしれません。

   私が全然督促ができなくて、何度も会社を辞めようと思っていたころ、仕事を続けようと思いとどまらせてくれたのも、実は彼女たちオペレーターさんがいてくれたおかげでした。

   お客さまに怒鳴られて休憩室で落ち込んでいると、まったく面識のない数人のオペレーターさんが近寄ってきて、私の前にお菓子を山もりで置いていってくれました。

「N本さんって、なんだか娘みたいでほっとけないのよねー」
「元気だしてね~」

   そう言ってもらったお菓子を、私は涙ぐみながら食べました。

   今でも、自分の母くらいのオペレーターさんが電話で怒鳴られているのを見ると、本当に胸が痛みます。

   その光景を見るたびに、彼女たちが少しでも怒鳴られる事が減るように、ほんのちょっとでもいいから「督促」「債権回収」という仕事と、それをどんな人がしているのかということを、世の中に知ってもらいたいと思うのです。(N本=えぬもと)

債権回収OL・N本(えぬもと)
某金融機関で債権回収部門に所属する20代OL。コールセンターで支払延滞顧客への督促を担当している。入社半年で3億円の回収を達成して頭角を現し、10万件の顧客を担当する精鋭チームに最年少で配属された実績を持つ。他人に強く言えない気弱な性格を逆手にとり、独自の「交渉メソッド」を開発。300人のオペレーターを指導しながら、年間2000億円の債権回収に奮闘している。好きなものは、ビールとスイカ。ブログ「督促(トクソク)OLの回収4コマブログ」。(本コラムは当事者のプライバシー保護のため、一部事実と変えている点があります。)
榎本まみ:督促OL 修行日記
榎本まみ:督促OL 修行日記
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 1,208
  • 発売日: 2012/09/22
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中