2020年 7月 17日 (金)

有名大学教授の収賄容疑 架空売上と「預け金」の手口

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2012年7月31日、国立K大学の大学院薬学研究科の元教授T(59)が収賄容疑で逮捕された。研究機器等の発注の便宜を図る見返りとして、長年親密な関係にあった医療機器販売会社M社に私的な費用を負担させていた疑いがもたれている。M社の社長と元営業部長も、贈賄容疑で同日逮捕されている。

   T容疑者は、遺伝子情報をもとに難病の治療薬を作る「ゲノム創薬科学」の第一人者とされる。都内の国立病院に約10年勤務した後、02年にK大学に教授として迎えられ、10年には学内に設けられた「最先端創薬研究センター」のセンター長に就任。しかし、本件の発覚により、6月に「一身上の都合」で辞職していた。

取引先払いのクレジットカードを300回も使っていた

ふと立ち止まってみることができなかったのか
ふと立ち止まってみることができなかったのか

   疑惑発覚のきっかけはM社の倒産だ。11年10月、M社が約12億円の負債を抱えて民事再生法の適用を申請。すると、Tが勤務していた国立病院が、M社に3億7900万円の債権を有していることが判明したのである。

   医療機器販売会社が、国立病院に億単位の債務を負うのは異常だ。疑われたのは、いわゆる「預け金」と呼ばれる手口である。物品の発注権限者が納入業者と共謀して、架空発注などを行い、浮かせた資金を納入業者にプール(裏金化)させて不正に流用する。納入業者は、領収書等を偽造して不正を隠ぺいする。

   検察は、国立病院勤務時代にTがM社に預け金をプールし、一部を私的に流用した業務上横領容疑で捜査を開始した。

   その後、TのK大学教授就任後に、M社が大学付近に支店を設立し、薬学研究科から億単位の受注を獲得していたことや、05年にM社がTに同社払いのクレジットカードを渡し、Tが約300回にわたって私的な飲食費や家電製品の購入にカードを使っていたことなどが判明。贈収賄容疑による3人の逮捕へと発展した。

   TとM社社長のような「発注権限者と納入業者との親密な関係」は、典型的な不正の兆候だ。お互いの貸し借りをつくりやすく、共謀による預け金や贈収賄などのリスクを高める。

   新聞報道によれば、11年にK大学がTとM社に調査を実施した。内部通報があったのだろうか。しかし大学は、TおよびM社の「不正経理はない」との回答を鵜呑みにしていた。M社が倒産しなければ、Tによる不正は今でも発覚していなかったかもしれない。

甘粕潔(あまかす・きよし)
1965年生まれ。公認不正検査士(CFE)。地方銀行、リスク管理支援会社勤務を経て現職。企業倫理・不祥事防止に関する研修講師、コンプライアンス態勢強化支援等に従事。企業の社外監査役、コンプライアンス委員、大学院講師等も歴任。『よくわかる金融機関の不祥事件対策』(共著)、『企業不正対策ハンドブック-防止と発見』(共訳)ほか。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中