2021年 4月 15日 (木)

現地採用も駐在員もいる「JKT48」に、日本企業の未来を見る

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

日本のやり方をどう持ち込み、どう適応させていくか

   興味深かったのは、「現地採用」のレナ・ノザワ(野澤玲奈)さんの役割です。インターナショナルスクールに在学中で、インドネシア語は片言。そこをメンバーから突っ込まれる様子がファンから愛されており、「レナチャーン」と声援が飛んでいました。

   一方で彼女は、JKT48が来日したときには日本語が話せるインドネシア人と共に中心的なメンバーとして振る舞います。ジャカルタでは個性的なキャラクターとして、日本では広報担当のような役割を使い分けているようです。

   移籍する高城さんと仲川さんは、レベルの高いメンバーという位置づけに加え、ダンスや心構えを現地のメンバーに伝えるプレイングマネージャーとしても活躍するのでしょう。

   現時点ではメンバーは少ないし、インドネシア全体の知名度も低いので、公演は採算ベースにすら乗っていないと思われます。

   しかし、スタートアップベンチャーのような小さな世帯ながら、現地採用や駐在員の日本人の力を借りて、現地メンバー中心で現地のファンのために頑張る彼女たちの姿は、「日本企業のアジア進出のひとつの形」ではないかと感じました。

   海外進出に興味のある経営者はもちろん、就職先として興味がある人は、これから彼女たちがどのような形で日本のやり方を持ち込み、どの部分を現地化していくのか注目してみると、大きなヒントになるかもしれません。(森山たつを)

※森山たつをさんが2012年10月20日(土)東京・渋谷で、なでしこVoice代表濱田真理さんとトークイベントを行います。「世界で働く女性について話をしよう!」詳しくはこちら (http://morizo2011.blog.fc2.com/blog-entry-136.html)。
森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中