2021年 9月 26日 (日)

自治会長が「腹いせ」に6000万円着服 あなたのところは大丈夫?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

「不正の機会」が生じやすい構造的な問題がある

   自治会長には、次のような理由で不正の機会が生じやすい。

・誰もやりたくない役をボランティアでやってくれている人に対して、周囲は遠慮し、うるさいことを言いにくい
・他の役員もボランティアであり、会計監査のプロではない。隣人を疑いたくはないし、いらぬ仕事は増やしたくない
・自治会長が預金通帳や銀行届出印を管理していれば、正に「任せきり」の状況が生じる

   この事件でも、手口からみて、恐らく容疑者は預金通帳や届出印鑑を自由に使えたのだろう。また、横領を隠ぺいするために、2011年4月の決算の際には、1年前の定期預金証明書類をコピーして使うよう会計担当者に指示していたそうだ。

   たとえ無報酬でも、自治会の役員は自治会に対して「善良なる管理者の注意義務」を負う。したがって、役員が横領して自治会に損害を与えた場合、本人はもちろん、他の役員も管理責任を問われて、自治会から損害賠償請求を受ける可能性もある。引き受ける以上は心してやらないといけない。

   防止策としては、通帳(証書)と印鑑の保管者を分ける、預金残高のチェックを通帳等の原本で頻繁に行う、会計監査は税理士や会計士の住民に依頼するか外部に委託する、などがあるだろう。自治会でも、内部統制の基本の徹底が必要だ。

   皆さんのところは大丈夫だろうか?(甘粕潔)

甘粕潔(あまかす・きよし)
1965年生まれ。公認不正検査士(CFE)。地方銀行、リスク管理支援会社勤務を経て現職。企業倫理・不祥事防止に関する研修講師、コンプライアンス態勢強化支援等に従事。企業の社外監査役、コンプライアンス委員、大学院講師等も歴任。『よくわかる金融機関の不祥事件対策』(共著)、『企業不正対策ハンドブック-防止と発見』(共訳)ほか。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中