2020年 9月 29日 (火)

「日本維新の会」の公約は本当に過激か

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   先日発表された日本維新の会のマニフェスト(骨太2013-2016)に「最低賃金の廃止」「解雇規制の緩和」が含まれていて、ネットの一部で「過激だ!」と話題になっているという(筆者も複数のメディアからコメントを求められた)。どうも「時給が底抜けにどんどん下がり、従わないとガンガン首を切られるんじゃないか」という点が危惧されているようだ。

   もちろん実際にそんなことはないのだが、いかんせん代表のキャラが立っているので「自分も大阪市職員のようになるのではないか」と思われているらしい。というわけで、簡単に論点を整理しておこう。

最低賃金廃止であらたな仕事が生まれる可能性も

   たぶん、上記のような危惧を持っている人の多くは、漠然と「最低賃金700円か、仕方ない、うちの従業員には700円を支払おう」と地団太踏んでいる経営者がいっぱいいると想像しているのだろうが、そういう経営者は実際にはほとんどいない。

   日本の最低賃金というのは地域ごとに労使、公益の代表が話しあって地域の実情に見合った水準に決めているので、最初から払えるような水準でしかないからだ。

   だから実際には「時給700円までしか払えません」という企業があって最低賃金700円が決まると考えてもらっていい。要するに最低賃金というのは現実の後追い数値であって、それをなくしたから現実に貰っている給与が底抜けするというのは本末転倒である。

   逆に言うと、一部政党の「最低賃金を1000円に上げさせます」という公約にも何の意味もない(生産性が上がって業績が向上しないかぎりそれは不可能だし、無理やり法律で上げさせれば失業者が増えるだけだ。経営者は割高な人件費を払ってまで従業員を雇い続けるメリットなどないから当然だろう)。

   むしろ、最低賃金をなくすことで、これまでは需要があっても無視されていたり海外に流れていた仕事があらたに国内に生まれる可能性がある。グローバル化で企業の選択肢が多様化する中、これは重要な視点だ。

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
城繁幸:若者を殺すのは誰か? (扶桑社新書)
城繁幸:若者を殺すのは誰か? (扶桑社新書)
  • 発売元: 扶桑社
  • 価格: ¥ 756
  • 発売日: 2012/11/01
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中