2018年 9月 23日 (日)

2012年の社内流行語は「セルフィッシュ」 都内OLの盛り上がり方

印刷

   「てへぺろ」「ステマ」「ワイルドだろぉ」――。2012年の流行語が出揃った。意味の分からない言葉もあるが、知らなくても困らないものがほとんどだろう。

   都内のシステム会社に勤めるAさんに「社内の流行語」がなかったか聞いたところ、意外な言葉が話題になっていたという。それは、石原慎太郎氏が10月の東京都知事辞職会見で使った「セルフィッシュ」だ。

投票日前に「とれもろす」も滑り込み

   辞職の翌週、月曜日の朝礼で社長が声を張り上げてこう言った。「一人ひとりが自分の役割をきちんと果たし、目標達成にまい進しよう。セルフィッシュな行動は許されない!」

   その日のランチで女性社員たちが顔を揃えたとき、誰からともなくその話題が持ち出された。

「今朝の『セルフィッシュ』ってさ、この前の石原さんのマネでしょ。社長って本当にミーハーなんだから…」
「石原さんも、『あの醜い日本語でつづられた憲法』と言いながら、『国民全体がセルフィッシュ』って矛盾してない? なんでそこ英語なの、一番大事なところなんだから日本語使いなよって(笑)」

   それ以来、女性社員は「○○さん、それってセルフィッシュよ!」「セルフィッシュな行動で困るのは自分だから」といった使い方で密かに楽しんでいた。課長は、けげんな顔で聞いていたが、「ふざけているのか?」とも聞けない。そんな感じで、ひと月ばかり遊んでいたそうだ。

   最近の話題としては、自民党のCMで安倍総裁が連呼している「日本を、取り戻す」。よくよく聞いてみると、別の言葉に聞こえるのだという。

「あれって『とれもろす』に聞こえません? これも結構、社内で流行ってますよ。『大口顧客を、ライバルからとれもろす!』とか。電車で女子高生が連呼してたのも見ました」

   大真面目の選挙戦も、女子にとっては娯楽のひとつになっているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中