2020年 9月 21日 (月)

彼氏が「クリスマスに仕事が入った」って、ホントですかね?

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が載っていました。質問者のmasamiaiさんは、雪国在住の若い女性。彼氏が自動車修理の仕事をしているのですが、もともと会社の休業日だった12月25日に「急な仕事が入ってしまった」と言われました。

   会うとすれば仕事が終わってから、何時になるか分からないとのこと。車関係の仕事って、クリスマスは忙しくないと思っていたのに、本当に仕事が入ることがあるのでしょうか。

「会社に電話して聞いてみたら分かるでしょうが…。業界に詳しい人なら知っているでしょうか」

実は「どうでもいいと思っている」というホンネも

「仕事と私、どっちが大事なの?」
「仕事と私、どっちが大事なの?」

   前日のクリスマスイブは天皇誕生日の振替休日なので、たくさん一緒にいられると期待していました。

   でも、今年は仕事納めも早まりそうだし、修理案件が多く持ち込まれる会社なら、顧客の要求をこなすため休業日を変更することもありうるでしょう。

   この相談には、回答者から「車関係はクリスマスが忙しくないなんて、何を根拠に言ってるの?」というツッコミが相次いでいます。

「スタッドレスタイヤへ交換する人が殺到しますから、私が取引している自動車屋さんもパニック状態ですよ。また、雪が降り始めた今頃の時期は、自動車事故が多発しますから、修理も多いでしょうね」(bkingさん)
「クリスマスだから忙しいというよりも、その時期に車の修理を出す人が多ければ忙しくなるんじゃないんでしょうか。すごく忙しい場合、急に休日出勤になることもあると思います」(piyo1012さん)

   男性側のホンネを代弁するjactaさんに至っては、「そもそも多くの男性は、キリスト教徒でもないかぎりクリスマスなんかどうでもよくて、単に女性に合わせているだけ」と言っています。

   確かに、仕事に打ち込み腕を磨きたい、会社を大きくして自分も稼ぎたいと思っている男性なら、内心「女のワガママには付き合いきれない」と思っているのかもしれません。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中