「明日から君が社長」と言われたら? 「会社がよくなる方法を本気で考える」

印刷
「うちの社長、まるで分かってなくてさあ!」
「あの会社、ブラックじゃない? 社長は何を考えているのか…」

   会社の最高責任者たる社長ほど、何かと批判の対象になるものはない。責任の軽い社員や利害関係のない人ほど、無責任な批判をエスカレートさせる。

   しかし、もしも自分が社長になったら、そんな軽口も叩いていられないだろう。マイナビニュースが会員約1000人に「明日から君が社長だ、と言われたら」と尋ねたところ、「本気で会社がよくなる術を考える」と答えた人が男女ともにトップとなったという。

35歳女性「選ばれたからには、やってやる」

女性の上位には「スーツや靴を買いに行く」「自分の給料を上げる」もランクイン
女性の上位には「スーツや靴を買いに行く」「自分の給料を上げる」もランクイン

   「本気で考える」は、男性では21.2%を占めた。29歳の男性ITエンジニアは「まじめに経営する」と答えているが、いまひとつ勢いを感じない。それに比べると女性は18.8%とやや下がるが、強い意気込みを示すコメントが目立っている。

「社長は、社員全員の生活を考えていかなきゃいけない立場だ」(30歳)
「選ばれたからには、やってやる」(35歳)

   最近は活躍する女性経営者も現れ、政治の世界でも女性閣僚などの割合が増えている。そろそろ実力ある女性を登用して、現状を打破する大手電機メーカーなどが現れてもいいのではないか。

   2位以降には、男女の違いが表れている。男性は「考えていたアイデアを実行する」「経営書を読みあさるなど経営学の勉強に励む」と、社長の任務をなんとか全うしようとする回答が続いている。

   一方で女性は「ほかの人に社長を代わってもらう」と早くも逃げ腰になったり、

「それなりのスーツや靴を買いに行く」

と形から入る答えが上位になっている。

   ただ、自分に務まる自信がなければ辞退するのが賢明だ。何をしていいか分からなければ、とりあえず見た目から入ってみるのも現実的かもしれない。少なくとも、付け焼刃で経営書をよみあさるより効果がありそうだ。

「自分の給料を上げる」女性、「何もしない」男性

   女性の4位には「自分の給料を上げる」があがった。教育サービス業に勤める33歳は

「まずは自分のテンションを上げないと……」

と言い訳し、不動産会社の事務職で働く35歳は「一千万円もらう」とヤル気まんまんだ。

   自分がヒラ社員のときには「社長ばっかり高給取って…」「現場で働いているのはワタシたちなのに!」と文句を言っていたはずのに、自分が社長になったら、やっぱりお手盛りしたい欲が出てしまう。

   驚くべきは、男性の4位が「何もしない」だったこと。精密機器エンジニアの30歳は「普段通りでいるのが一番よい」という。自分が社長の役目を果たす当事者意識はないようだ。黙っていても、誰かが会社を回してくれると思っているのか。

   食品系販売職の28歳男性は、

「何もしないというか、何もできないと思う」

と呆然としている。もしかすると普段批判にさらされている社長たちも、内心はそう思っているのかもしれない。であれば女性の回答のように、早いところ「他の人の代わってもらう」方が、ずっとマシなのではないか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中