「カンボジアで起業する」という選択肢 起業のハードルが低い国

印刷

   海外でビジネスを行うにあたって、様々なものが必要になります。

資金、ビザなどです。

   新興国の中には、これらのハードルが比較的低い国がいくつかあります。その中で、今、多くの日本人起業家が目指している国が、カンボジアです。

開業資金が安くて済み、日本人の進出がまだ少ない

プノンペン市内ではイオンの超巨大ショッピングモールの着工式が行われていた
プノンペン市内ではイオンの超巨大ショッピングモールの着工式が行われていた

   昨年12月にカンボジアを訪れたとき、観光ビザを空港で取得しました。顔写真2枚と20ドルをカウンターで支払うだけ。実は、この書類の「ビジネス」にチェックを入れて25ドル払うだけで、ビジネスビザが取得できるのです。差額、たったの5ドル!

   ビジネスビザは30日間有効で、市内の入国管理事務所に行くと、1年280ドルで何度でも延長が可能です。

   現在、カンボジアで起業する魅力は2つあります。まず、開業資金が非常に少なくてすむこと。首都プノンペンである店を開業した方と話をしたのですが、家賃が月4万円、改装費用は総額で30万円だったそうです。

   東京でこの店を作ったら、数百万円では納まらないでしょう。値上がりしているとはいえプノンペンの家賃はまだまだ安いし、人件費も現地人スタッフを月給1万円以下で雇えます。日本と比べて、金銭的には圧倒的に低リスクで起業することができるのです。

   もう一つが、まだ日本人の進出が少ないこと。例えば、プノンペンでは現在、日本人経営のラーメン専門店はありません。麺文化があり現地人に受け入れられる可能性も高く、なにより現地在住の1000人を超える日本人に切望されています。いま開業すれば、いきなり「カンボジア初の日式ラーメン店」になれます。

   カンボジアは、まさに経済成長が始まったばかり。飛行機でいえばテイクオフの瞬間、車輪が地面から離れた直後の状態です。

中国、韓国の後塵を拝する「賢い日本人たち」

   カンボジアは中国、韓国企業の進出が著しく、日本企業は負けていますが、12月にイオンがカンボジア最大のショッピングモールの建設を始めました。私がお会いした日本人起業家の方々も、2012年に開業した方が大半。レースは始まったばかりです。

   金銭的リスクの低さと、チャンスの大きさが同居するカンボジア。私には非常に魅力的な国に見えました。もちろん、実際に起業してみると、思いもよらないリスクがあるでしょうし、競争に勝ち抜くのは容易とも言い切れません。

   誰かに雇ってもらおうとフラフラやってきたって、仕事に活かせるスキルがなければ、現地の低賃金労働者と同じ扱いしか受けられません。英語ができなければ当然商売は始められませんし、現地語も学んでいかなくてはなりません。各種法律や治安に関する情報を知り、対応することも必要です。

   ただ、国際的に見て「異様に賢い日本人たち」が、そのスピードの遅さで他国の後塵を拝しているのも事実です。日本企業が慎重に視察を繰り返している間に、中国、韓国企業が次々と新しいモノを作り上げています。

   カンボジアのこの好景気がいつまで続くか分かりませんし、不透明要素もあります。その代わり、先行者利益を取るチャンスもあります。野心のある人にとっては魅力的な場所だといえます。

   おそらく世界には、カンボジア同様に魅力的な国や都市があることでしょう。「希望」は、それを見出そうとする人には、世界中にまだまだ残されています。恵まれた日本人のステイタスを生かせるうちに、挑戦してみてはいかがでしょうか。(森山たつを)

※本文において「ビザ」の名称を「ビジネスビザ」に修正しました。現地に「就職」する場合は、この「ビジネスビザ」に加えて「労働許可証」が必要になります。また、現地の正式な手続きではない箇所について記載を削除しました。(2013.1.8 00:50)
森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中