2019年 11月 21日 (木)

横領の3大動機――「遊ぶカネ欲しさ」「大切な人のために」「会社に恨み」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   今回から「人はなぜ不正をしてしまうのか」、そのメカニズムについてしばらく考えてみたい。その参考となるのが、米国の犯罪学者クレッシーが提唱した「不正のトライアングル」というフレームワークだ。

   「横領は犯罪だ」といくら声高に叫んでも、毎週のように事件は起きる。「人は誰でも、一定の条件が揃えば横領をしてしまう弱い存在である」という現実を認め、不正リスクを具体的に潰していくしかない。

株やFXに手を出して追い詰められるケースも

分不相応な贅沢をしたがる人に会社のカネは管理させられない
分不相応な贅沢をしたがる人に会社のカネは管理させられない

   「人が横領をしやすくなる一定の条件」を「動機」「機会」「正当化」という3つの心理的要素で整理したのが「不正のトライアングル」である。

<横領の「動機」>
「人には言えない」何らかの事情で、カネを調達しなければならない問題を抱え込む
<横領の「機会」>
「上司や同僚に見つからずに、会社や顧客のカネを使って問題を解決できる」と認識する
<横領の「正当化」>
「これは横領ではない。こうするより仕方がない」などと言い訳して自分を欺く

   これらがある人の心の中に同時に生じたときに、その人が横領をするリスクは格段に高まるというわけだ。3つは、現実には相互に絡み合っていることが多いが、それぞれの要素に分解することで不正が起こる要因と対策が検討しやすくなる。

   横領犯の「動機」の多くは、当然ながら「カネの悩みを解決したかったから」というものだ。カネに困るきっかけの王道はやはりギャンブル・遊興費などの「遊ぶカネ欲しさ」「私利私欲」である。

<「私利私欲」のために横領するパターン>
ギャンブル、風俗、分不相応な贅沢(趣味、飲食、旅行、高級外車・住宅・家具の購入など)、ハイリスクな投資、買い物依存症 等

   具体的には、遊ぶカネ欲しさに借金を重ね、その返済に追い込まれて横領に至る場合が多い。返済のため一発逆転をねらって株式投資やFXに手を出し、さらに損失を膨らませて横領するケースもある。

甘粕潔(あまかす・きよし)
1965年生まれ。公認不正検査士(CFE)。地方銀行、リスク管理支援会社勤務を経て現職。企業倫理・不祥事防止に関する研修講師、コンプライアンス態勢強化支援等に従事。企業の社外監査役、コンプライアンス委員、大学院講師等も歴任。『よくわかる金融機関の不祥事件対策』(共著)、『企業不正対策ハンドブック-防止と発見』(共訳)ほか。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中