2020年 2月 20日 (木)

お客さまが「こんにちは」と言ったら、「こんにちは」と返してはいけないのか?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が載っていました。質問者のnekoneko2828sanさんは、職場でお客さまからの電話を取ることがあります。

   先日、60代の女性から電話があり、「○○ですが、こんにちは」と言われたので、「○○様ですね、こんにちは」と応じたところ、相手が烈火のごとく怒り出しました。

「あなた、その応対はないんじゃないですか?」

応じ方が悪いと罵倒され、手や顔が震えはじめ…

「自分より下」と思う人はメチャクチャに罵倒する性格らしい…
「自分より下」と思う人はメチャクチャに罵倒する性格らしい…

   それから数分間、こちらが話すこと全てに揚げ足を取られ、ずっと罵倒し続けられていたそうです。その様子は「(相手の)血管が切れて倒れるんじゃないか」と心配になるほど。

   尋常でない怒りに、聞きながら辛くなり、手や顔が震え始め、なんとか電話を切った後は放心状態になってしまいました。

   その後も、また同じ人から電話が掛かってくるかもしれないと思うと、次からどう受け答えをすればよいのかサッパリわからず、恐ろしくて仕方がありません。「対応の仕方を教えてください」

   この質問には、回答者から「こんにちは」と応じてはいけない理由について、こんなアドバイスがありました。

「きみ、年いくつ? まあ、うるさい人だったら怒るわな。顧客にタメ口きいてどうするよ」(ozununさん)

   なぜか上から目線ですが、中年女性らしき質問者さんは「『こんにちわ』はタメ口になってしまうのですね」と丁寧にお礼を述べています。ただ、周囲に聞いてみると、他の同僚も同じ目にあったことがあるのだとか。

   ある同僚は、このお客に「いつもお世話になっております」と応じたところ、「こっちが『こんにちは』と言ったら、『こんにちは』と言うのが普通なんじゃないですか?」と罵倒が始まったそうです。結局、「こんにちは」の問題ではないのですね。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中