2020年 1月 19日 (日)

部下に仕事を「任せる」ということ 上司に求められる2つの視点

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   私は事業会社(カレー店とコインランドリー)と経営コンサルタントの「二足のわらじ」を履いて活動をしています。ある日、カレー店の取引先である食品卸会社を訪ねたところ、A社長が唐突にこんな話をしてきました。

「うちは役員から下の管理職層が育たなくて困っているんですよ。以前、中小企業診断士に会社の指導をしてもらったとき、『あなたは何でも自分で決めずに部下に任せなさい』と言われて実行したのですが、なかなかうまく行かないもので…」

突然「お前らやってみろ」では部下は手も足も出ない

責任範囲を決めたか、必要な権限を与えたか
責任範囲を決めたか、必要な権限を与えたか

   私が経営コンサルタントをしていると知った社長が、つい悩みを明かしてしまったというわけです。何の準備もしていなかった私は「オーナー企業ではどこでも、管理者育成と権限委譲には悩んでいますよ」とだけ言って、お茶を濁してしまいました。

   確かにA社長の会社のスタッフは、取引先の中でもいまひとつ活気が感じられないと気になっていました。そこで後日訪問してきたB部長に、会社の実態をそれとなく尋ねてみることにしました。

   最初は遠慮がちな口調でしたが、B部長は徐々にホンネを漏らし始めました。彼のA社長像は「とにかくワンマン」「何ごとも結局最後は自分で決めたがる」「部下に任せると宣言したものの1か月くらいで頓挫した」などなど。

   社長の権限が強大なこういう会社では、どうせ最後は社長の指示に従わざるを得ないので、自分の頭で考えて行動するのが損と思われがちです。下手に動かず「社長の指示が出るまで待った方が無駄な仕事をしないで済む」と思っているのでしょう。

   B部長も「意見を出したところで否定されるのがオチなので、何かあったときには社長の結論をいかに引き出すかが我々の仕事」と答えてくれました。そんな社長が、一時期でも部下に任せることが本当にできたのでしょうか。

「いや、無理でしたね。診断士のアドバイス後は、確かに『お前らやってみろ』と言われたこともありました。しかし社長の意向も分からないまま丸投げされても、どう判断すればよいか分かりません。そのうち社長は『やっぱり任せておけない』と、あれこれ指示を出し始めました。我々には無駄な労力が一時的に増えただけでした」
大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中