「この会社マジぬるすぎ!」 ひとりブラック労働をやめない社員

印刷

   働く人たちが自分の労働条件に敏感になることは、職場を健全化させるためによいことだ。しかし、ひたすら楽な仕事に流れれば、会社の業績が悪化して雇用が保たれなくなることもあるだろう。

   ある大手企業の支店では、中途入社した30歳男性が「余裕のある仕事ぶり」に反発し、モーレツな働き方で周囲のヒンシュクを買っているという。しかし会社としては、頑張りが結果につながることも期待しており、その狭間で頭を悩ませている。

同僚たちは「ワークライフバランスを欠いた働き方じゃ持たない」

――大手メーカーの支店で総務を担当しています。弊社ではコンプライアンスを重視し、残業時間を1分単位で集計しています。ところが最近入社してきた中途入社のAさんが、集計用のシステムを適当に操作して時間外労働をつけずに仕事をしています。

   Aさんは30歳で中堅メーカーからこの春転職してきたのですが、営業部に配属されて数日経ったころから会社の不満を公言するようになりました。

「いやあ、やっぱ大手はぬるい。マジぬるすぎる! 大した仕事もしてないくせに、偉そうにふんぞり返ってさ。こんなことだから会社が傾くんだよなあ。下請けとか非正規とかを安く使ってるんだから、ノウノウと残業代なんか貰ってられませんよ!」

と聞こえよがしに言っています。仕事ぶりはモーレツで、朝は始業前から夜も遅くまで精力的に仕事をしています。

   過去の営業企画書をあさっては、自分なりにアレンジして客先に提案を積極的にかけており、その甲斐あってか彼の担当顧客からは、問い合わせや引き合いが増えているそうです。上司は「あいつ、いきなり営業トップ取るかもな」とつぶやいていました。

   しかし同僚たちは冷ややかで、「あれじゃ“ひとりブラック労働”だよ」「ワークライフバランスを欠いた働き方じゃ持たないよね」などと陰口を言っています。それはAさんの耳にも入っているようですが、

「大して働きもしないくせに、給料が少ないだの結婚できないだの、情けない話だわ。早く帰って家で何してるの? どうせ大したこともしてないくせに」

と聞く耳を持ちません。周囲との調和はともかく、労働時間の管理はちゃんとしてもらわないと本社から叱られてしまいます。しかし仕事を制限すると、支店の売上を抑えてしまうことにもなるし…。どうすればよいのでしょうか――

社会保険労務士・野崎大輔の視点
管理職待遇に引き上げて思う存分働いてもらえばいい

   こういう人は周囲に反感を持たれやすいのですが、成長する会社には必要な存在だと個人的に思います。精力的に働きたいと考える人に、周囲が反発しているからと仕事をさせないのもおかしな話です。成果を出しているのであればタイミングを見計らって、管理職待遇に引き上げてもいいのではないでしょうか。ただし「名ばかり管理職」にならないように気を付ける必要はあります。適切な権限を与え、頑張っただけ十分給料が増えるようにすべきです。部下がいなくても管理職とすることは可能です。

   注意点としては、Aさんのようなタイプの社員は一歩間違えると問題社員化しますので、上司はコミュニケーションをうまく取るべきでしょう。Aさんの言うことがどこまでが本当なのか分かりませんが、場を設けてきちんとヒアリングしてみてはいかがでしょうか。当たっている指摘があれば、変わるべきは周囲なのかもしれません。周囲も刺激を受けて、全体としてよい状態になったらいいですね。

臨床心理士・尾崎健一の視点
モーレツ社員に周囲が巻き込まれて体調を崩すリスク

   社員に目いっぱい働いてもらい高い成果を上げることは、会社として好ましいことですが、一方で安全配慮義務違反と言われないように注意することも必要です。一般社員としての労務管理はもちろん、管理職になり残業手当の対象外となっても、自由に残業していいわけではなく、労働時間管理は適切に行わなければなりません。労働時間が一定時間以上を超えた場合には、健康管理のために産業医面談などのルールも適用すべきです。

   また、こうしたモーレツ社員に周囲が巻き込まれて、それに耐えられなくなってしまうリスクは考えておくべきでしょう。人によって体力やストレス耐性は異なりますので、Aさんと同じように全員を働かせるのはムリと考えるべきです。特にAさんに部下をつける場合は、不調者を発生させないよう、部下の指導や管理方法には十分注意をする必要があるでしょう。

尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中