2020年 10月 27日 (火)

「友だち」抱えて独立するかも!? LINEやめさせたい美容室オーナー

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

社会保険労務士・野崎大輔の視点
「お店が取得した顧客情報の流用」は禁止できる

   会社が取得した個人情報は、目的外で使うことが許されません。就業規則などで「お店が取得した顧客情報を個人で使ってはいけない」というルールを設けることは可能です。お客さんの中には、そのお店に来たという意識でサービスを受けている人もいるはずです。それを盗み見て、SNS経由で勝手にスタッフ個人からアクセスされれば「情報管理が甘い店」という印象を与えます。また、お店への予約は原則電話にしてもらうことも可能です。スケジュール表への書き写し漏れによるダブルブッキングの原因になりますし、接客中にスマホを見ることができず連絡を取り損ねることがあるからです。

   ただし、お客さんの同意を得た個人アカウントでの交流を制限するのは難しいでしょう。業務時間中の書き込みは禁止できるかもしれませんが、お客との関係強化を考えれば仕事に支障がない限り黙認してもいい範囲でしょうし、業務時間外なら店が関与できるものではありません。

尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中