2019年 4月 25日 (木)

半沢直樹はなぜ「内部通報窓口」を使わないのか?

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   今年のテレビドラマのベストヒットとなりそうな「半沢直樹」(TBS系)。堺雅人が独特の表情で放つ決めゼリフ「倍返しだ!」は、間違いなく流行語大賞の有力候補だ。原作者の池井戸潤氏は元銀行員だけあって、「業界人」にとっても見ごたえのあるストーリー展開になっている。

   ドラマの中で半沢直樹は、支店長による背任行為に敢然と立ち向かい、ちょっと出来すぎだが、見事に十倍返しをして本部に栄転を果たす。そして本部では、さらに手ごわい巨悪、現役員と取引先との癒着疑惑の実態解明に挑んでいる。

   ところで、東京中央銀行に不正告発を受け付ける「内部通報窓口」はないのだろうか。大手銀行の合併で誕生したメガバンクであり、それこそ金融庁から内部管理態勢の強化を厳しく求められているのだろうから、ないはずはない。

「七つの会議」では思い悩んだ末にマスコミへ告発

現実の世界では半沢直樹のようなスーパーマンぶりは望めない
現実の世界では半沢直樹のようなスーパーマンぶりは望めない

   ではなぜ半沢は、上司や役員の不正を内部通報しないのか。それは、旧○○銀派閥の対立が渦巻き、自分の出世と保身に血道を上げる経営陣の不正を内部通報などしたら、確実に自分が潰されると知っていたからであろう。

   きっと、東京中央銀行では通報内容はすべて大和田常務に筒抜けで、経営に不都合な通報をした者は敢えなく返り討ちに遭い、島流しの片道切符を渡されるのが落ちだ。

   ではどうするか。悲しいかな、現実の世界では半沢直樹のようなスーパーマンぶりは望めない。泣き寝入りをするしかないのか。そうなると、最後の手段は外部への告発ということになる。

   同じく池井戸潤氏の原作によるNHKドラマ「七つの会議」では、東山紀之扮する東京建電の営業課長が自社の製品の強度偽装の事実を知り、一度は下請け先や社員を守ろうと率先して隠ぺい工作をする。

   しかし、経営陣のあまりに自己中心的な行状を知って幻滅し、思い悩んだ末にマスコミにすべてを告発する。一夜にしてすべてが明るみに出た会社は大混乱に押し入り、社長は逮捕され、社員は路頭に迷うかどうかの瀬戸際に立たされる。

   外部への告発は、自分の勤務先が破綻し、結局は自分の身も守れなくなってしまう事態を招きかねない。正義感、守るべき家族、自分の一言で路頭に迷うかもしれない同僚たち…。社員をこういうジレンマに追い込む上司や経営者は本当に罪深い。

甘粕潔(あまかす・きよし)
1965年生まれ。公認不正検査士(CFE)。地方銀行、リスク管理支援会社勤務を経て現職。企業倫理・不祥事防止に関する研修講師、コンプライアンス態勢強化支援等に従事。企業の社外監査役、コンプライアンス委員、大学院講師等も歴任。『よくわかる金融機関の不祥事件対策』(共著)、『企業不正対策ハンドブック-防止と発見』(共訳)ほか。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中