2020年 12月 1日 (火)

「何しとんねん」にビビる外国人社員 「関西弁」めぐる企業マニュアルとは

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   人材コンサルティング会社「ディスコ」が2013年10月2日に発表した調査結果では、企業が外国人留学生に求める資質で最も重視するのが日本語力だった。半面、言葉の壁による社内トラブルが高い割合で発生している。

   日本の大学を卒業した留学生なら、標準的な日本語は高いレベルで有しているだろう。だが仮に、配属先が関西や東北、九州となったらどうだろう。方言を話す相手のニュアンスを取り違え、トラブルになりかねないようだ。

「軽い調子」が「厳しい叱責」に聞こえる

「なんでやねん」に、オーノー!
「なんでやねん」に、オーノー!

   関西に本社拠点を置くパナソニックやクボタ、大和ハウス工業などは、外国人社員向けの共同マニュアルの作成にあたっている。業務上でのコミュニケーションを円滑にするためだが、ユニークなのは「関西弁の理解」に重点をおいていることだ。

   関西企業で、日本人上司と外国人社員の間でミスコミュニケーションが起きている――。2013年10月6日付の「産経ニュースwest」はこう報じた。上司が口にした「お前、何しとんねん」とのひと言。本人は「軽い調子でミスに触れたつもり」が、言われた外国人社員は「『何ということをしたのか』という非難」に聞こえたというのだ。「アホか」「なんでやねん」という突っ込みも理解されない。このためマニュアルでは、「外国人社員の活躍には普段からの密なるコミュニケーションが大切と指摘」する。日本人上司には、方言の代わりに「分かりやすく前向きなアドバイスを」送るよう促すという。

   関西の大学出身なら、学生時代に関西弁に慣れているはずだ。だが留学先が東京だったら、アルバイト先などで関西出身の友人でもできない限りは生で耳にする機会がないだろう。ツイッターには、「別に外国人ではなくても、関西弁のニュアンスが関東人にはわからないことがある」「(関西弁は)まあ日本人でもビビるからな」「普通に喋ってるけど他の地方の人達からは怒鳴り合ってるように見えるって聞いたことがある」との書き込みがある。同じ日本人でも、方言が理解できない、話すトーンが強く聞こえてつい腰が引けてしまうという印象を持つ人が少なくない。ましてや外国人で、上司が強い調子で聞こえる関西弁を使って注意してきたとすれば、「怒られている気分」になるかもしれない。理解するきっかけもつかめず、気分がどんどん落ち込むというわけだ。

関西弁は怖い?
親しみやすい
何となく怖い
この質問、なんでやねん
特に何も感じない
その他
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中