2019年 12月 15日 (日)

「カタカナ英語でなんとかなる」派は撃沈 フィリピンなまりに「完敗」の理由

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   今回からは、日本人にとって大きな課題である「英語」について何回かにわけて連載します。

   今回は、カタカナ英語は通用するのか?という議論です。

   日本人は、恥ずかしがらず、カタカナ英語でもどんどん喋ればいいのでは?

   綺麗な英語をしゃべろうとして萎縮するのではなく、がんがん喋りまくることが大事だという記事も散見されます。

カタカナ英語はそもそも通じてませんよ

カタカナ英語でなんとか・・・ならない!?
カタカナ英語でなんとか・・・ならない!?

   筆者はフィリピンのセブ島に渡航し、日本人の英語学習の現状を取材してきました。

   今回訪れたのは、英会話学校のサウスピーク。塾長の柴田氏 にお話を伺いました。

   柴田氏は痛烈です。

「いえいえ、カタカナ英語はそもそも通じてませんよ……たぶん身振り手振りで理解してもらっているのではないでしょうか?
   ためしに、船って、英語でなんていうかわかりますか?」

   「ship」ですね。

「はい。shipですが、sh の発音が、発音したつもりになっているひとが多いのです。多くの日本人がsipと発音をしています。なぜなら日本語にshの音は存在しませんから。このように日本語には存在しない音が英語には多くあるため、日本人のカタカナ英語ではなかなか伝わりません。
   他にも、日本人の多くは子音だけで発音する英語の発音についての理解が有りません。だからいつも日本語で発音するのと同じように母音で終わるように発音をしています。これでは聞き手に理解されません。このいつも母音で終わる発音がいわゆるカタカナ英語です」

   そこで、カタカナ英語をチェックしてもらえるという発音矯正レッスンというのを受けてみることにしました。

   「厳密な発音チェックをおねがいします」とお願いしました。

   わたしの英語は、普段ちゃんと通じているので、へんな間違いはないだろうと思っていたのですが……。

   結果は、見事に撃沈。発音レベルとしては、通じないことはないけれども、いくつかの基本的な部分で、通じにくい発音や、間違って覚えている発音があることがわかりました。

   たとえば、

   birth (生まれる)

   ですが、私の発音は、b- ur (ゥアー)- th に聞こえるようです。

   次は、もっとショッキング。

   short (短い)

   ですが、sh - ohhhhh (オオー)- t に聞こえるらしい。

   本来は、or なので、舌を巻いたRの音をしっかりいれないと、shortには聞こえないそうです。

   Rを意識して発音してみるけど、2回やっていずれもNG。

   自分では発音しているつもりが、そう聞こえてない。そういう単語があることを知りました。

「カタカナ英語でOK」派ですか?
カタカナ英語でOK
ネイティブ並みじゃないとダメ
(フィリピンなど)訛り英語でOK(カタカナ英語はダメ)
ジェスチャーと日本語で何とかなる
その他
大石哲之(おおいし・てつゆき)
作家、コンサルタント。1975年東京生まれ、慶応大学卒業後、アクセンチュアを経てネットベンチャーの創業後、現職。株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役、日本デジタルマネー協会理事、ほか複数の事業に関わる。作家として「コンサル一年目に学ぶこと」「ノマド化する時代」など、著書多数。ビジネス基礎分野のほか、グローバル化と個人の関係や、デジタルマネーと社会改革などの分野で論説を書いている。ベトナム在住。ブログ「大石哲之のノマド研究所」。ツイッター @tyk97
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中