忘年会で酔って店の壁に穴 修繕費払うべきなのは本人か会社か

印刷

   昨日で忘年会、もう3回目。今夜もある……こんな会話が交わされるシーズンとなった。楽しみにしている人もいる一方、お酒が入る場だけに、何かとトラブルのもとになりがちな面もある。

   今回は、「AKB」も関係する困り事が発生したようだ。

本人は「会社の行事での事故なので会社が負担するのが筋」

   製造業の人事です。当社では毎年、部門ごとに大規模な忘年会を行っています。

   営業部門では商品を出して、各課対抗で出し物をやって競い合っています。

   今年は、課員全員でAKB48の歌を振り付きで歌ったグループがありました。そこでトラブルが起きました。

   踊っていたAくんが酔っていたせいか派手に転んでしまい、お店の壁に穴を開けてしまったのです。

   帰り際にAくんは、その修繕費として3万円を店から請求をされ、酔っていたこともありその場で払ってしまったそうです。

   そして後日、本人から「会社として3万円を補填して欲しい」と人事に言ってきたのです。

「確かに壁に穴を開けたのは僕ですが、会社の行事での事故なので会社が負担するのが筋ではないでしょうか?営業中の事故は当然、会社が補償しますよね。忘年会で、しかも会社の要請でやった出し物です。当然会社が対応すべきだと思います」

   Aくんの主張も強ち無茶な主張とも言えません。

   Aくんが酔っての失態であることは事実ですが、酔ったことも「忘年会は酒を飲む場」ということを考えれば、Aくんを責める訳にはいかないでしょう。

   補償金の出処を営業部門持ちとするか、人事部門持ちとするかも悩ましいところです。

   良きアドバイスを…

記事のケース、修繕費を払うべきなのは本人?会社?
本人
会社
本人と会社がほぼ折半
払う必要はない
その他
尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中