2021年 5月 15日 (土)

グローバルに働くには、英語が先か、仕事のスキルが先か?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

両極端なスキル重視派と英語重視派

   ネットで交わされる一般的な議論をみると、スキル重視派、英語重視派、どちらも極端です。

   スキル重視派は、際立ったスキルがあれば英語なんていらないといいます。しかし、これが成り立ったのは、英語ができなくても昇進できた昭和時代の役員ぐらいなものでしょう。

   現在では、際立ったスキルを蓄積したり、通訳がつけられるようなポジションに昇進したりするまでの過程で、すでに英語が必要になってきているというのが実情です。

   プロスポーツ選手でも実は同じです。プロ野球リーグで大活躍した投手は、メジャーリーグに移籍すれば専属通訳をつけてくれると思いますが、大学を卒業して単身メジャーリーグに挑んで渡米するようなひとは、勝ち星を上げる前に英語をしゃべる必要があります。

   片や、英語重視派の意見も極端です。英語は、ネイティブレベルでないとだめだ、ネイティブ以外の英語はビジネスでは通用しない、といった意見になります。欧米人と対等に張り合うくらいの英語力がなくては、まったく意味がないといったような感じです。

   いったい、どっちなのでしょうか?

   結局のところ、サウスピーク塾長の柴田@HAL_J氏の 、当たり前の意見が、留学生のみなさんの気持ちを的確に代弁しているように思いました。

「英語なんて、大した技能ではない。パソコンや自動車の運転と一緒。だれでもできる技能になりつつある。だからこそすでに日本社会でも英語が出来ることがプラス評価になるのではなく、英語が出来ないことがマイナス評価になってきている。英語なんてその程度の技能に過ぎない」

   つまり、パソコンや自動車運転の例でいうと、こういうことです。

   スキル重視派は、パソコンや自動車運転ができなくても、有能なら秘書がメールを打ってくれるし、運転手もいる、といっているわけです。

   一方で、英語重視派は、スーパープログラマレベルで鈴鹿サーキットで300kmで自動車を走らせる事ができなければ、そもそもスキルを磨いても仕方ないといっているようなものです。

グローバルに働くには、英語が先か、仕事のスキルが先か?
(ネイティブ並みの)英語
スキル
中間レベルの英語はひとつのスキル
どちらも不要。気合いと根性だ
その他
大石哲之(おおいし・てつゆき)
作家、コンサルタント。1975年東京生まれ、慶応大学卒業後、アクセンチュアを経てネットベンチャーの創業後、現職。株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役、日本デジタルマネー協会理事、ほか複数の事業に関わる。作家として「コンサル一年目に学ぶこと」「ノマド化する時代」など、著書多数。ビジネス基礎分野のほか、グローバル化と個人の関係や、デジタルマネーと社会改革などの分野で論説を書いている。ベトナム在住。ブログ「大石哲之のノマド研究所」。ツイッター @tyk97
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中