キリン、女性管理職を3倍に 次世代リーダー育成の研修制度も整備

印刷

   キリンビールや国内飲料事業を統括する、キリンは新しい女性活躍推進計画「キリンウィメンズネットワーク(KWN)2021」を策定したと、2013年12月12日に発表した。2021年時点での女性リーダーの数を、現在の100人から3倍の300人に拡大するとともに、育成のための取り組みを進める。女性の力を生かして、商品開発や営業力の強化につなげる。

   出産・育児などに考慮し、女性社員のキャリア形成をこれまでよりも前倒しで実現するためのキャリア支援を行うとともに、営業や商品開発、生産管理の現場などでの次世代リーダー育成のための研修制度も新たに整える。

   また、男女ともに育児や介護に参画できる柔軟な働き方の実現に向けた取り組みも実施するほか、女性がより活躍できる組織、風土づくりを通して組織力の向上を図っていく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中