2019年 4月 19日 (金)

「都道府県別」高校生の就職内定率 1位は「8割超」、最下位は「3割弱」

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   就職希望の高校生(2014年春卒業予定)の内定率は、4年連続で上昇し、64.1%だった。文部科学省が2013年12月17日、発表した。10月末現在の数字で、前年同期を3.2ポイント上回った。

   都道府県別で最も高いのは、富山県(83.5%)だった。以下、岐阜県79.7%、島根県77.9%など。低い順では、沖縄県29.7%、北海道47.3%、福岡県52.8%と続く。東京都は55.1%だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中