2018年 8月 17日 (金)

最もストレスの多い職業は? 米WSJ紙「ワースト10」報じる

印刷

   米国で最もストレスの多い職業は何か。米ウォールストリートジャーナル電子版(日本語)は2014年1月8日、求人情報サイトが実施した調査をもとにこのような記事を配信した。

   調査では、ストレスを「肉体的なつらさ」「締め切りの有無」など11の要因ごとに職業を採点。点数が高いほどストレスの度合いが大きいことを示す。最も「高得点」だったのは軍の下士官で、将官、消防士と続く。6位に広報部門の幹部、7位は企業幹部(上級)で、新聞記者や公務員も10位以内に入った。

   軍下士官は、ストレス点が高いにもかかわらず、平均給与はかなり低いとも評されている。

   逆に最もストレスの少ない職業は、聴覚訓練士となった。「少ない」トップ10には、ほかにヘアスタイリスト、大学教授、図書館員などがランクインしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中