2020年 11月 25日 (水)

子育て経験を仕事に活かす 「ありのママ採用」ってナンだ?(2014年トレンドキーワードから)

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   出産前後に仕事を辞める女性が半数を超えているという現状のなか、子育てが一段落した母親の社会復帰に注目する企業が増えている。

   2013年は、アベノミクスの成長戦略のなかで「女性役員・管理職の増加」がうたわれ、女性の活躍にあらためて注目が集まったが、2014年は「ありのまま」のママの力を企業の力にする動きが期待されている。『タウンワーク』や『フロム・エー ナビ』などの運営をしているリクルート内の研究機関、ジョブズリサーチセンターは、「ありのママ採用」という言葉を、14年のトレンドキーワードとして発表した。

母親の職場復帰で「経済効果6兆円」

ママだからこそ分かる「ママの気持ち」
ママだからこそ分かる「ママの気持ち」

   厚生労働省が2013年12月に発表した「第1回21世紀出生児縦断調査」の結果によると、出産前に常勤で働いていた女性のうち、54.1%の母親が出産前後に仕事を辞めている。

   いまだに半数以上の母親たちが、常勤の仕事を辞めている現状があるのだ。理由は「育児に専念したいから」(40.7%)が最も高いとはいえ、「仕事と子育てとの両立が難しい」(35.3%)、「妊娠に伴う健康上の理由」(25.6%)と、不本意ながら仕事を離れたことをうかがわせる項目が続く。

   さらに、妊娠・子育て期に一端入ると、実社会の「ブランク」としてマイナスに捉えられる傾向がまだまだあるのも事実だ。

   しかし、2013年7月に電通総研が発表した試算によると、結婚や出産などで退職した女性が「職場復帰」した場合の経済効果は「6兆円以上」にもなるといい、放置しておいてよい問題では決してなさそうだ。

   そんな状況のなか、

「家事や育児を経験した、ありのままの『ママ経験』を接客やサービスに活かしていく。こういうスキルが企業に認知され、広まってきています」

と指摘するのは、ジョブズリサーチセンターのセンター長、平賀充記さんだ。こうした新たな動きが、特にサービス業界で採用トレンドになっている、と説明する。

   結婚・子育ては多くの人が経験するライフイベントであり、企業がターゲットにする消費者もまた、そうした経験をしている人が多い。「だからこそ、家事や子育てで培ったママの経験をありのままに活かしてもらおう」と気づいた企業が増えており、その具体的な動きが「ありのママ採用」というわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中