2019年 11月 23日 (土)

カンボジアで好評サムライカレーパン 現地の人に喜んでもらう一工夫とは

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   私は、引き続き、カンボジアでサムライカレーというカレー屋をつくっておりますが、時々、カンボジアでなんでカレー屋をやっているんだろう?というアイデンティティクライシスに陥ることもあります。

   と、いうのも、開店して2週間ですが、店舗に来てくれるのはほとんどが日本人と欧米人で、カンボジア人はまだまだ少ないです。カンボジアにはカンボジア人によるカレーがあり、これは日本のカレーライスとは大きく違います。

   ココナッツミルクがたっぷり入ったクリーミーなカレーで、ライスと一緒に食べる場合もあるのですが、多くのカンボジア人は「パンとか麺と一緒に食べることが多いね」と言っています。

ご近所さんと、カレーエクスチェンジ

   また、店舗の立地が、裕福層が多いところではなく、多くの人がいつも屋台でご飯を食べているような所であるため、きちんとソファがあるようなサムライカレーの店には入りにくいようです。

   このような状況下で、なんでカレー屋をやっているんだろう?わざわざ、彼らにカレーライスを食べてもらう必要があるのか?ということを考えてしまうわけです。

   しかし、最近ご近所さんとも仲良くなり、カレーエクスチェンジなることをやってみました。お向かいのお母さんが作ったカンボジアカレーと我々のサムライカレーの交換会です。その中で、お向かいさんは美味しそうにサムライカレーを食べてくれます。「私たちのカレーとは違うけど、美味しいわ」

   日本には日本そばもうどんもありますが、日本人はラーメンが大好きです。

   うどんがあるのに、なんでラーメンが必要なんだ?と言って、中国からラーメンが入ってくることを阻止していたら、今の豊かなラーメン文化はありませんでした。私は、うどんも日本そばも好きですが、ラーメンも、スパゲティも、フォーも大好きです。選択肢の多さが食文化の豊かさだと思っており、食文化が豊かな場所で生活する事に幸せを感じています。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中